« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.29

「日王」と「天皇」と「天皇陛下」

聯合ニュース

【ソウル28日聯合】日本の天皇が28日にサイパンにある韓国人戦没者慰霊塔の「太平洋韓国人犠牲者の追悼平和塔」を訪問した事実が伝えられたことで、サイパンで暮らす韓国人会をはじめとする関連団体からは「これを贖罪(しょくざい)の契機とすべき」などの声が高まっている。


天皇は同日午前10時から約4分間平和塔の前に立ち、頭を下げて黙とうを捧げたという。サイパン韓国人会の金スンベク会長は聯合ニュースの電話インタビューに対し、「日本の天皇の平和塔訪問は突然の出来事だったため、その場に韓国人は1人もいなかった」としながらも、「韓国人会の要求を受け入れたようだ。今回の訪問を契機に、アジア地域の犠牲者のため、反省してくれることを望む」と述べた。


1981年にこの平和塔を建立し、慰霊祭を毎年行っている海外犠牲同胞追悼事業会の李竜沢(イ・ヨンテク)会長は「『天皇がサイパンを慰霊訪問する意志がある』との話を聞き、先月末に駐韓日本大使館とサイパン現地の総領事館に平和塔を訪問し、参拝してくれることを要請した。小さなことだが、(天皇が)訪問したこと自体に意味がある」と話している。


平和塔は、天皇が終戦60周年を記念して今回訪れた「バンザイ・クリフ」(日本軍兵士や民間人らが投身したことで知られる)から直線距離で約200メートルの地点にある。

太字部分ですが、中共と韓国と北朝鮮が「アジア」と表明する時は、ほとんどの場合この三国のみを指し示すので、注意が必要ですな(笑)。同時に、自民党や民主党の中にもこの三国を「アジア」と称するお偉いさんがいるので、注意が必要。あ、社民・共産・公明は言わずもがななので、わざわざ書きません。

しかしまぁ「反省してくれることを望む」ったって、陛下はすでに謝罪しているんだけどね… 謝罪表明と反省は別物だと言われればそれまでなんだけどさ。具体的にどういう行為をしたら反省していると理解してくれるのか、示してくれないものか。どうせ「反省していない」といい続ける作戦なんだろうから、具体的に提示できるわけなかろうが。

あ、でも、この聯合ニュースと中央日報は「天皇」表記なんだね。もちろん本国では「日王」表記なんだろうが。さて、それに対して…

東亜日報

明仁日王夫妻が第2次世界大戦当時、日本の植民地であり、連合軍との激戦の末に7万5000人余りの軍人と民間人が死亡した米国領サイパン島を27日訪問した。


旧植民地を日王が終戦後、慰霊目的に訪問したのは初めてのことだ。日王夫妻は同日の夕方、現地で日本人遺族会、戦友会会員などと懇談会を行った。


明仁日王夫妻はサイパン訪問2日目の28日、日本政府が立てた「中部太平洋戦没者碑」と日本人軍人・民間人が自殺した絶壁などを訪問して犠牲者を追慕する。また、現地住民の犠牲者933人の名前が刻まれた「マリアナ記念碑」と、米軍のための「第2次世界大戦慰霊碑」にも献花する計画だ。


これと関連して、サイパン現地住民たちは明仁日王夫妻の慰霊碑への献花が、双方の傷をある程度癒してくれるものと期待している。日本人観光客が急増して日本との貿易も拡大しているなか、60年前の痛みを「過去史」レベルで敢えて暴き出す必要はないという反応だ


しかし、サイパンで強制労働に苦しんだり、戦乱に巻き込まれて死亡した韓国人犠牲者のための「サイパン韓国人慰霊碑」は訪問対象から除外され、「国内向けの行事」という限界を露呈した。韓国人慰霊碑は日本政府が自国の死亡者のために立てた戦没者碑から徒歩で5分のところにある。


このような日程から分かるように、日王の今度の慰霊巡礼は「日本王室(特に昭和日王)の戦争責任」に関して黙ったまま、戦没者追慕だけの形式を取っている。


終戦後、昭和日王は慰霊目的の海外激戦地への訪問ができなかった。しかし1989年王位を受け継いだ明仁日王は、1992年中国を訪問して過去史に遺憾を示して以来、硫黄島、沖繩などの激戦地を訪問して戦没者を追慕してきた。


結局、自分の責任に対しては口を閉ざしたまま、経済力を前面に過去の縁故地に影響力の拡大を狙う今度の慰霊巡礼は周辺国を慰めることはもちろん、日本国内の軍国主義(特に最近の「戦犯無罪論」)を鎮めることもできないだけだ。


日本は1914年第1次世界大戦勃発後、サイパンを占領して殖民統治をした。サトウキビ栽培などのために2万人余りの日本人を移住させており、韓国人労働者1000人も労役に動員された。1944年6月の連合軍上陸後、約1ヵ月間にわたって展開されたの熾烈な戦闘で、日本軍4万3000人余りと米軍1万5000人余り、そして民間人など7万5000人余りが死亡した。

東亜日報では、直訳して「日王」表記(笑)。まぁ翻訳の精度の問題で、聯合ニュースや中央日報は「日本では日王のことを天皇というから、翻訳するときは気をつけないとな」という違いだけだろう。Web版編集者や翻訳者に、「日王」と「天皇」の呼称の違いから生じる起こりうべき問題なんかを配慮するだけの知識はないはず。単にシスティマティックに「日王」をそのまま漢字にするか「天皇」と変換するかというだけだよね、これって。

ただ、そうとはいっても、日本人として陛下を「日王」と書かれるとやはり違和感があるし、軽くムッとする。東亜日報が日本語翻訳版を作成しているのは、多くはハングル文字を読めない在日同胞のためだとは思うが、日本人に読ませたいという意図もあるはずなのだが、これじゃあ逆効果じゃないのか?

内容もちょっとアレですな。

「日本人観光客が急増して日本との貿易も拡大しているなか、60年前の痛みを「過去史」レベルで敢えて暴き出す必要はないという反応だ」とあるが、日本人観光客に統治時代の日本の所業を是々非々で伝えてくれた現地人のガイドさんなどもいらっしゃったわけでね。こういう「経済のことをかんがみて、過去は暴くことはしない」的な論調はいかがなものか、と。もちろんそういう側面もあるんだろうけどさ。

「サイパンで強制労働に苦しんだり」「韓国人労働者1000人も労役に動員された」… ポカーン。サイパン陥落は1944年7月。国民徴用令が朝鮮人にも適用されたのが1944年9月なんですがね。要するに「不法な人狩りがあった」と主張したいのだろうか?

「自分の責任に対しては口を閉ざしたまま」か… 今上天皇の「責任」とは? 当時何歳だったと思っているのだろう? 韓国では「親が責任を果たさないまま亡くなったら、その責任を子が相続する」という考えなのかな?

とまぁ、突っ込みどころの多い東亜日報の事前記事ですが、韓国人の慰霊塔ご訪問が明らかになった後の記事はこちらです。ジャン(なっち博士風に)!

第2次世界大戦の戦没者を追慕するため、サイパンを訪問中の明仁天皇陛下が28日、当初の日程には含まれていなかった韓国人の慰霊塔を突然訪問した。朝日新聞によると同午前、天皇陛下ご夫妻は、日本人戦没者の慰霊日程を終えた後、車に乗って宿所のホテルへ向かう途中「太平洋韓国人慰霊平和塔」と、沖縄出身犠牲者のための「沖縄の搭」に立ち寄り、追慕の意を示した。

これに先んじ、サイパン在住韓国人の代表たちは27日に記者会見し、天皇陛下に、韓国人犠牲者にも追慕の意を表明することを求めた。宮内庁は、28日「二つの搭に対する慰霊訪問は前日に最終確定された」とし「当初、訪問を検討したが、事前に公開すれば状況が複雑化するのを懸念した」と説明した。

キム・スンベク(44)サイパン在住韓国人会長は、28日、東亜(トンア)日報との電話通話で「天皇陛下が韓国人慰霊塔を訪問する直前に、サイパンの日本領事館から訪問するとの事実を通知された」とし、「天皇陛下の決定が非常に電撃的なもので、領事館側はもちろん、当地に集まった日本人記者も『非常に驚いた』との反応を見せた」と伝えた。

天皇陛下は、韓国人の慰霊塔の前で4分ほど立ち止まり、献花や特別な追悼のあいさつなしに、簡単な黙念だけをし、周辺を見回ったものとされる。28日付の日本の夕刊各紙は、天皇陛下ご夫妻のサイパン慰霊塔への訪問を、写真とともに報じたが、韓国人慰霊塔を訪問したことについては、これといった意味を与えなかった。

朝日新聞は、地元の住民たちの反応について「戦争当時に支払わされた犠牲の痛みが、依然治癒されておらず、日本についての思いが複雑」だと伝えた。太平洋戦争犠牲者遺族会のヤン・スンイム会長は「天皇陛下がどんな姿勢で平和塔を訪問したのか分からない」とし、「心からしょく罪するならば(平和の塔の訪問を乗り越えて)、韓国人戦争犠牲者の問題を解決しなければならないだろう」と話した。

はい「日王」表記から「天皇陛下」表記にジャンプアップしました(笑)。おそらく保守系bloggerからは「韓国人の慰霊塔を訪問されたとたんに表記を変えやがって」と槍玉に挙げられるでしょうが、実際はもっと単純な話で、翻訳した人が違ったんでしょう。「日本では天皇と表記される」という知識を持った人が翻訳したからこうなった、と。表記の統一というのは、日本ならどこの新聞社でもやっていることですし、韓国紙もそうだと思うんですが、Web版(しかも日本語翻訳版)までは手が回らないんでしょうな… こういう「抜けているところ」がいかにも韓国っぽくて素敵(笑)。まず間違いなくWeb版の編集責任者は「日王」と「天皇」と「天皇陛下」の違いを理解していませんね(笑)。まぁ日本の新聞記者も欧州の「皇帝」と「王」と「公」と「候」の違いを理解していないでしょうし、所詮新聞記者なんてそういうもんなんでしょう(爆笑)。

しかしまぁこの記事の見出し「天皇「4分だけこっそり追慕」」って… そりゃあ、十秒で終わらせて「追慕しました」なんてのは「カラスの行水じゃないんだから」と非難されようが、アレだけの広さしかない場所で何十分も追慕できませんって。韓国の文化ではこういう場合、時間が長ければ長いほどいいんですかね?

あとはとにかく最後の段落ですな。東亜の提携先の朝日の配信を引用しているようだが、翻訳者のミスでなければ、「朝日の記者が現地人にインタビューして、感じたこと」であり、実際に現地人が「犠牲の痛みが治癒されていない」とか「日本についての思いが複雑」と語ったわけではなさそう。朝日がよくやる「記者の思い込みを、事実のように書く」という手法に似ているが、どうも「日本語→朝鮮語→日本語」の過程で韓国特有の過剰表現が混じっているようですな。日本人は騙されてはいけない(笑)。まぁ東亜の編集者も騙すつもりはないはずだけど(爆笑)。

「心からしょく罪するならば(平和の塔の訪問を乗り越えて)、韓国人戦争犠牲者の問題を解決しなければならないだろう」って、またかよ。まず「韓国人戦争犠牲者」というのはどういった類の人なのかを示せ。それと、問題を解決するにはどういう具体的手法があるのかを示せ。もし、補償問題なのであれば、まずは貴兄たちが日韓基本条約の破棄を貴国政府に要求せよ。話はそれからだ。我が国としては、当然、同条約の付随協約である「在日韓国人の法的地位協定」も考え直さなくてはいけないのだがね。政府に働きかけることすらできないのであれば、貴兄たちは貴国ネチズン以下。我が国のblogger並み(笑)。以上。


最後になりましたが、いつも参照させていただいている、ぼやきくっくりさんが簡潔にまとめてくださっていますので、ご覧になってください。

| | Comments (30) | TrackBack (0)

2005.06.22

中学生の絵かよっ

参照:くろがね広場

例の地下鉄駅の竹島展示会(笑)の絵なんだけど、小学校低学年の絵だと思っていたら、どうも中学校全校行事だったようで… さすがに学校のサイトには比較的当たり障りのない絵を使用していますな。この程度のものが多数派で、例の掲示板に載っていたような過激なものは少数派だと思いたいけどね。それにしても日本と同じで、韓国にも高校入試に美術は入っていないんでしょうな(専門性の高いクラスは別として)。

で、期間満了のためか、どっかから抗議がきた(笑)のか、この展示会は撤去された模様

短い間だったけど、楽しい話題をありがとう!>桂陽中学校。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.06.21

Fighting Baton

なんかバトンが廻ってきた。バトンは回すものであって、廻すものではない。これって、米国のblogで流行っている「Music Baton」のプロレス版だよね? 何て能書きは無視してください(笑)。

このバトン、お題に応えて次のプロレス系bloggerさんに廻す類のものらしい。どうして私のところにきたんだろう(笑)。現場しか興味がなくなって久しく、最近はその現場にも足が遠のいているのに。

でもまぁ、先人から頂いたものを次に渡すのは当然のことなので… そんなわけで、トンチンカンな応えになってしまうところはご容赦m(__)m。


●これまでに生観戦した興行数

一番回数を観たときで年間150興行。これが3年くらい続いて450興行。前後1年は年間100興行くらいだからプラス200興行。だからトータルで1,000興行くらいじゃないでしょうか?


●今お気に入りのレスラー/格闘家

「今」かぁ… 強いて挙げれば橋本真也。公に姿を現す時は、それなりに注目されるだろうし、復帰に向けての第一歩をどこに踏み出すのかは興味がある。


●一番最近、生観戦した興行(なければTV観戦のもの)

安倍なつみ 歌とトークのふれあいコンサート 6.19 太田市民会館
プロレスなら… 我闘姑娘 6.4 板橋グリーンホール
どちらも中学2年生が一番頑張っていました(笑)。


●特別な思い入れのある試合/興行、3つ

1984.2.3 新日 中島体育センター別館
藤原のテロ事件で「藤波-長州」が流れた興行。思い入れのあるというか、忘れえぬ興行。長州が血だるまでリングに上がって、レフェリーに止められて、セコンドに控え室に連れられてからは、頭の中真っ白(笑)。

1998頃.2頃 大日本 川崎市体育館
ナガサキ-本間では、売り出し中の本間をナガサキがもてあそんだというか、軽く〆たというか。プロレスって怖いもんだな、と。そして人気と実力は全くの別物なんだな、と。メインのタッグでは、川崎市体育館の2階から1階の物販の机に向かって、WXが山川を落としたというシーンがあった。誰かが「もっと多くのお客さんに観て欲しかったな」とポツリ。実際にこの一年後くらいにはデスマッチ団体として脚光を浴びることになるんだけど。

2003.12.19 ダリアンガールズ SDM
最初で最後の「ダリアンツイスタープレス」。プロレスにはまだまだ可能性が残されているんだということを教えてもらったのになぁ… 惜しいことをした。


●バトンを渡す1名
現場主義だから、プロレス系のblogなんて普段観ないもんなぁ(爆)… 巡回blogはすでに一回廻っているところばっかりだし。プロレス系知人ということで、韓国のプロレスとか、それ以外とかさんにオネガイシマス!

| | Comments (24) | TrackBack (1)

昨日のTVタックル→報ステ

参考:ぼやきくっくりさん(祝! blog化)

西村が飛ばしまくり。いつも茶々を入れるハマコーがいないからか、アクセル踏みっぱなし状態。ただ、やはりそこは議員。勝谷氏が街のチンピラ風の煽りに終始していた横で、もっと過激なことを淡々と知的に語っていた。それでいて関西人らしくユーモアもあるし。どこまでが本音かわからんけどね。

タックル常連の西村・松原・長島あたりなら、民主党に投票してもいいと思うんだけど、結局は彼らも民主党にしてみれば保守寄せパンダで冷や飯喰らいなんだよなぁ… それでも離党できないほど、労組票ってのは魅力的なんだろうな…

しかしまぁ、独立総合研究所の所長さんが日韓首脳会談について「もめているならやらない方がいい。戦後の日本の外交は、もめることは悪いこと、会わないことは悪い事って考え。それが今日のような状況を招いている」って語っているのに、その直後の報ステのトップニュースが日韓首脳会談って… 何を考えているのかわからん>テレ朝。


報ステのトップニュースはヤフオクに集中のためスルー。唯一印象に残ったのがMr.ノムヒョンの顔。美容外科の術前・術後写真に使えそう。いくら金をつぎ込んだのかは知らんが、侮りがたし>韓国の美容整形外科(笑)。しかしまぁアイドルならいざ知らず、政治家までがここまで顔をいじるというのは、日本じゃ考えられないな。日本人もそういう韓国人のメンタリティを理解できないんだから、日本人のメンタリティを韓国人にわかってくれというのも言うだけ無駄って感じがしないでもない。

「おや」と思ったのが、東條英機のお孫さんを韓国KBSが取材し、それを報ステが取材したというコーナー。

お孫さんの東條由布子さんの言葉はやはり(私を含めた)保守系bloggerのエントリーよりも説得力があり(言わんとするところは同じなんだけど)、生の声の重みを感じた。まぁ言霊の国日本に住む私だからそう思っただけなのかもしれないけどさ。KBSのディレクター(?)も「東條さんのような考えの人は日本に大勢いるはず。だが、多くの人は日本国内では発言しても、韓国に対してはしない。今回、東條さんが取材に応じてくれたことを評価する」というような感想をもったようで、なかなか好感触。

思うに、中国人はともかく、韓国人は「A級戦犯とは何か? 韓国にどんな悪い事をしたのか」ということを理解していない人が多そう。多くは政府やマスコミの宣伝に乗せられているような(この辺は日本の嫌韓厨にも当てはまるが)。さすがに件のディレクターはA級戦犯のなんたるかは知っていたと思うが、「A級戦犯合祀=軍国主義復活という図式をなぜ日本人は否定するのか」ということについてはあまり知識がなかったのではないか? そういう風に考えているんだったら、もっと韓国に対して発信してくれよ、と。まぁ、そんな風に好意的に解釈してたんだけどね、私ゃ。

VTR明けのスタジオ。古舘の「VTRを見ておりましても、日本は未来志向のお付き合いをと前向きなんですが、韓国はまだ俺達は過去を忘れたわけじゃないんだぞ、と。そこに隔たりを感じてしまうんですけどねぇ」というような言葉を受けた、加藤工作員の一言がアタタタ(笑)。「加害者の記憶と被害者の記憶は違う。韓国人は忘れてもいいことも忘れない。日本人は忘れてはいけないことを忘れてしまう」…

え~と、あなたはVTRを見ていなかったんでしょうか(笑)? 「忘れてはいけないこと」ってなんですか? 「日本が韓国を併合したこと」ですか? であれば、いわゆるA級戦犯はそれにどのように加担したんですか? 「日本人は忘れてはいけないことを忘れてしまう」という言葉がピッタリと当てはまるのは、日本が再び韓国を併合しようとするときくらいだと思うんだけど、それがこのコーナーとどう関係あるんですか? そもそも本当に日本にそういう動きがあるんですか? もしかして首相が靖国参拝するときに、いわゆるA級戦犯の御霊に「もう一回韓国を併合できますように」と祈りを捧げているのでしょうか? だとしたらソースを示してください。っつ~か、人の話は聴け!>工作員

まぁ確かに日本人は「水に流す」で一端リセットすることができる民族だし、それが長所でも短所でもあるんですがね。あのタイミングでいう言葉じゃないね。VTRすら見ずに自分の主張を垂れ流しているだけで勤まる仕事なら、俺もやりたいよ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.19

パクリの街、太田

「恋の街札幌」。二重のパクリですな。日本人の民度が知れるというもの。050619_131240.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (1)

大変ですっ!

東武伊勢崎線の特急りょうもう号がヲタ電になっています(^_^;)!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

実写版アストロ球団のキャスト

テレビ朝日公式:アストロ球団

アストロナイン、プロ野球選手に続き、ビクトリー球団選手のキャストもここに発表。ビクトリー球団のメンバーには、流血三兄弟などドラマならではのオリジナルキャラクターも続々登場するので、こちらもぜひともお楽しみに!

また、シュウロも頭の上がらない(?)峠会長役のキャストも決定いたしました!

峠球四郎 金児 憲史

伊集院大門 高山 猛久

ホープ(流血三兄弟) 西村 真

ピース(流血三兄弟) 岩川 幸司

チェリー(流血三兄弟) 山根 和馬

ダイナマイト拳 萩野 崇

力道岩 竹村 豪氏

宗像純 平沼 紀久

剣持豪 高味 光一郎

峠会長 夏木 陽介

ビクトリー球団に新キャラクターが加わっておりますが… 仮面ライダー王蛇の朝倉役の萩野崇がダイナマイト拳! さすがいい役をもらいますな(^^)。そしてプロレス出身の力道岩を竹村! 体型はまんまだけどなぁ。本職のプロレスが大根なのに、ドラマの演技なんてできるのか? そして球四郎の祖父・峠会長役を夏木陽介! 千葉真一のシュウロと同じくらいにはまり役だぁ(^^)。

この、無駄に豪華なキャスティング。久しぶりにテレ朝の連ドラにはまりそう?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.06.15

子供は社会の鑑?

韓国のプロレスとか、それ以外とか(iron_pickingさん)より

あぁなるほど。「独島は我々の領土だ!」がテーマだとすれば、日本に攻撃的な絵になるのもわからないではないかな。ただ、私は札幌出身だけど、札幌市交通局が小学生に「北方領土は我が国固有の領土です」をテーマに絵を募集するとは思えない(笑)。募集するとしたら、道庁とか国土省とかだろう。

以下は強調になるが… そして、もし札幌市交通局が先のテーマで小学生に絵を描かせたとしても、ロシアにミサイルを飛ばすような絵はごくごく少数だろうし、あったとしても札幌市交通局は(悪い言葉で言えば)検閲して、掲示しないだろう。多くの絵は、北方領土沿岸で安全に操業する漁師の笑顔とかが描かれることと思われる。

現実的には、笑顔の日本の漁師の影で、泣いているロシアの漁師がいるわけで、そういう意味では件の韓国の小学生の絵のほうが実情に即しているのかもしれない(笑)。

で、iron_pickingさんと同様に、私も「領土問題と、その相手国への侮蔑」がごっちゃになって子供にはとらえられ、それを大人たちがきちんと是正できていないように感じます。「子供は社会の鏡」なんて言葉を出すまでもなく、子供はマスコミや周りの大人がやっていることを無批判に真似しているだけ(絵のレベルからして低学年でしょうから)。大人は「それとこれとは別だけど」という意識の元にやっていても、子供にはそれが伝わっていない。それと同様に、多くの日本人にも伝わっていないというのが現状じゃないのかな、と。まぁ、大人にもごっちゃになっている連中もいるだろうけど(笑)。推測だけどね。

それにしてもやっぱりそれを公の場に掲示するという感覚は納得できないなぁ。「全部を掲示するのが民主主義だ!」なんて主張が駅職員にあるわきゃないし(暴言)。まぁ「これが韓国というものなんだ」と理解はするが、決して受け入れられないなぁ、私には。まぁ確かに怒鳴り込んでしまうのが一番いいのかもしれないな、お互いに。

日本では、警視庁が「中国人を見たらピッキング犯だと思いましょう」ってなキャンペーンをやろうとして、内部で「中国人全員がピッキング犯というわけじゃないんだし、人権侵害では?」って問題になるほどだけど、件の駅では「この地域の日本人が見たら何て思うだろうか?」と考えいたらなかったのかねぇ? 私が駅職員だったら「抗議がきたら、そのとき考えましょう」って感じなんだけど、そういうことすら考えていないのだったらアレですな(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

古賀誠と遺族会とマスコミ

【主張】靖国参拝問題 何だったのか遺族会見解(産経社説)

小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関して、日本遺族会が十一日まとめた「近隣諸国への配慮が必要」とする見解を一体どう受け取ればよいのだろう。

遺族会の総意なのか、それとも会長を務める自民党の古賀誠元幹事長の個人的な考えなのか。このままでは、この見解が世界を駆け巡り、首相に靖国参拝をさせないという国際的圧力に転化しかねない。

見解は、「首相参拝は遺族会の悲願」としたうえで、「英霊が静かに休まることが大事だ。近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが必要だ」としている。同時に、靖国神社に合祀(ごうし)されている「A級戦犯」分祀(ぶんし)に「政治は介入すべきでない」とし、靖国神社に代わる追悼施設の建設には引き続き反対する-を打ち出している。

これでは何を言おうとしているのか、さっぱりわからない。

古賀氏は二日の派閥総会で「立場のある人の発言には近隣諸国への気配り、思いやりが必要だ」と述べ、遺族会でもこの自説を繰り返した。

これは首相に参拝断念を求めたと受け取られるが、こうした趣旨の発言は「総理・閣僚の靖国神社参拝の継続定着の推進」を訴える遺族会の平成十七年度活動方針、事業計画と大きくかけ離れていよう。これに対し、古賀氏側は「発言は個人的な考え」と釈明し、遺族会も十四日になって「会の正式見解ではない」とした。だが、すでに遺族会見解として独り歩きしている。

十三日付英紙「フィナンシャル・タイムズ」(アジア版)は一面で「遺族会は小泉首相参拝に反対」を載せ、中国紙も「最も強固な首相の靖国神社参拝支持層が動揺し始めている」(環球時報)としている。国内の分断を喜んでいるのはどこの国であろうか。

小泉首相は十三日、遺族会の見解に対し、「どのように戦没者を追悼するかは日本人自身が考えることだ。人から言われたから参拝しているのではない」と述べた。妥当な発言である。

インドネシアのユドヨノ大統領は今月初めに来日した際、「国のために戦った兵士に参拝するのは当然のことだ」と語っている。これが世界の常識だろう。「近隣諸国への配慮」とはなにかを含め、古賀氏はさらに説明責任を果たしてほしい。

えぇ~っ! 古賀の発言って個人的見解だったの? マスコミが「(遺族会会長である)古賀誠がこう語った」という事実を括弧書きのところを前面に押し出したのか、あるいは古賀誠が遺族会会長と言う立場を利用して、さも遺族会の総意であるように発言したのか。

どっちもだろうな(笑)。

従来はテレビや新聞のニュースを一方的に受ける「受動的立場の人」と、疑問に思ったことを調べてみる「能動的な人」がいて、前者がはるかに多かった。しかし今や、自分であれこれ調べることは面倒だが、ネットで能動的な人の意見を見比べる「半能動的な人」の人口が多くなったから、マスコミや政治家は大変だな。私は「あれ? 遺族会は転向したのかな?」と思っていたのだが、2ちゃんに遺族会に電凸した勇士が現れて、「遺族会は『総意じゃない』って応えてくれたよ」と。以前なら、電凸した本人しか知り得ないことだったのが、広がりをもった。

もちろん手放しで喜べるわけもなく、釣り士か否かを見極める眼力も必要になってこよう。関東大震災のときの「朝鮮人が井戸に毒を投げ入れた」みたいな釣りに引っかかってはいけない。

話を戻す。古賀誠は英霊をも貶めるまさに国賊ではあるが、それでもなお、古賀に会長辞任を促さない遺族会にも疑問は残る。遺族会にも古賀に寄生せざるを得ない「何か」があるはずだ。当然、遺族会の中に政治的駆け引き抜きにして古賀に同調している方もいらっしゃるだろうしね。「中国人の総意」や「韓国人の総意」なんてものがないのと同様に、「遺族会の総意」なんてものもなく、中は結構グログロした人間関係があるんだろうな、ってことだ。

まぁ立場を利用して発言したあげく、遺族会からクレームがつくや「個人的な発言」と訂正した古賀誠という議員は一欠けらも信用おけない人物だということだけはわかった。奴がコミッショナーをしている新日本プロレスに金を落とすことはしばらくすまい。

| | Comments (350) | TrackBack (3)

2005.06.14

小学生マンセー!

韓国の地下鉄駅に貼られている小学生の絵

日本の鉄道の駅にもこの手の企画ありますよね? 地元の小学生にあるテーマを描かせて、駅構内に貼るっていうアレの類と思われます。

今回のテーマはどうも「日本」らしいです。こういうのを描く小学生も小学生ですが、それを貼る駅も駅ですな(笑)。まぁ友好的な絵も相当数あるんでしょうが、日本でこういう絵が中に混じっていたら、駅側が「こりゃ拙いだろ」って自粛するでしょうね。この辺の緩さが韓国だよなぁ(^^; …

もっとも「とにかく全部を掲示するんだ」という方が民主的ではありますな。日本の駅は、賞を与えることによって「掲示する絵を選択する」という検閲行為に正当性を持たせているだけという解釈も成り立ちます。まぁどっちがいいのかはおいといて、こういう絵を描く小学生は将来職業軍人にはなってもらいたくないなぁ(笑)…

| | Comments (2) | TrackBack (5)

伊勢原で…

伊勢原は木更津よりもずっと普通の街だった(笑)。ただし、会場近くのジョナサンのヲタ率が高かったのには笑った。

なっちのMCは前日に比べて噛み噛み度がアップ! 噛んだ後のフォローも前日はミュージカルと同じような感じだったのが、この日はちゃんとヲタをいじっていたのでキャワワ。まぁ、何をやってもキャワワなんですが(笑)。

あとはアレですね。なっち・保田・村上・鈴木・萩原でショートコントをやるんですがね。軍隊のコントで隊長役の保田が「この中でラブマの振りを間違っているものがいる」ってんで、隊員役の4人が踊ってみせるというベタなことをやっていて、その一コマで…

( `.∀´)<萩原、お前か?
まいまい<違います! イエィ、イエィ、イエィ、イエィ(と躍る)
( `.∀´)<うん、違うな。鈴木、お前か?
愛理タン<違います! イエィ、イエィ、イエィ、イエィ(と躍る)
愛理ヲタ<ハァ━━━;´Д`━━━ン!!
地元ファン<(い、今のキモいあえぎ声は何? 変質者?)
(ヲタ´ー`)<(これだからキッズヲタは(^^;…)
(●´ー`)<(えっ? 何、今の声?)
( `.∀´)<(ムカッ)

こんなのがありましてね、えぇ。私ゃ初めて生で「ハァ━━━;´Д`━━━ン!!」を聞いたので、苦笑しちゃったんですがね。ステージ上の保田の顔は一瞬ゆがんだね、間違いなく。なっちとキッズは状況がよく飲み込めていないようだった(笑)。

今回、なっちが唄うのは「ピロリン」「だて生き」「HELP!」「夢ならば」「晴れスキ」「ピ~ス!」「愛あら」という厳選されつくした(笑)セットリストなので、ヲタも一曲一曲のテンションが高くて。

個人的ヒットは「愛あら」復活。なっちの卒業ソングだもんね(少なくともなちヲタはそう解釈している)。加護・辻の卒業のときも「愛あら」やったけど、アレは「のんがなっちパートを唄う」という感涙ものの演出があったので許されたわけであって、それ以外ではなっちのいないところで「愛あら」をやっちゃいかん。とはいえ、なっちも「晴れスキ」みたいにソロで歌えるナンバーじゃないし、結果的には℃-uteがゲストのおかげ、みたいな。

まぁソロコンより濃度が薄まるのは割り切ってしまって、それなりに楽しめているけどねぇ、私ゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.12

ふれあいコン

今回の目玉は抽選会でしょ、やっぱ。

抽選で3人にプレゼントがあるんですがね、その3人はステージに上がって、なっちに直で名前を入れてもらって、その上「握手」ですよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!! ヲタも目の色が変わるというもの。

( `.∀´)<まずは、皆さんの座席の列番号を抽選します。なっち、よろしくね。
(●´ー`)<はいはい。(くじを引きつつ)でけでけでけでけ、じゃ〜ん! 17番!
( `.∀´)<17列で〜す! それ以外の皆さんはどうぞご着席下さい。
(ヲタ´ー`)<うぁぁぁぁぁぁ…
(●´ー`)<うひひひ
( `.∀´)<ん? どうした、なっち?
(●´ー`)<だってさぁ、みんなホントに悔しがってんだよ?
( `.∀´)<そうだよ! みんななっちからのプレゼント欲しいんだから
(ヲタ´ー`)<(いや、プレゼントよりも握手の方が…)
(●´ー`)<いやぁ、なんかねぇ、嬉しいよね? うひひひ… ダメだ、今日ホント楽しい
( `.∀´)<はい、楽しんでばかりいないで、早く抽選やってね。
(●´ー`)<(くじを引きながら)なっち楽しいわ。みんなも楽しんでる?

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、やっぱり、なっちコンはいいわ。比類するものなし。

そんなわけで、明日は伊勢原に行ってきます。当然昼夜参戦です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.11

面白い木更津 その4

今、夜の部が終わって駅に向かっているんだけど、フィリピンパブのお姉ちゃんが道まで出てきて「ナッチイルヨ〜」って客引きしている(*'o'*)

凄いぞ、恐いもの知らずのヲタどもがひいている(^-^) 恐るべし>フィリピンパブ。

| | Comments (262) | TrackBack (0)

面白い木更津 その3

極め付けがこれ。中国雑技団という、大連歌舞団の紛い物が来日しているらしい。本物の大連歌部団を呼んでこいっつぅの。050611_171050.jpg

| | Comments (6) | TrackBack (0)

面白い木更津 その2

カークリーニング ペッカー。

いいのか? もう一度米国と戦争になってもヾ(^_^;

っていうか、こういう「地方でやっている分にはばれないだろ」的なせこいパクリはするなよ。少しは韓国を見習って欲しい。

あ、なっちヲタがこんなこと書くのはまずいですか...((((((^_^;)。050611_171330.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

面白い木更津 その1

ヘアーサロンABBA。

いいのか? スウェーデンと戦争になってもヾ(^_^;050611_171752.jpg

| | Comments (73) | TrackBack (0)

なっちふれあいコンサート初日

そんなわけで木更津にいます。

非ベリ工のキッズ7人が℃-uteというユニットを作って、保田とともにツアー帯同。愛理がめんこ過ぎる。なっちは梅田と矢島はもちろん、村上にも身長負けているような…

この木更津という田舎都市はなかなか面白い。

続く

| | Comments (301) | TrackBack (0)

2005.06.09

今度の矛先は町村外相かよっ!

朝日社説

私の父が大臣の後援会会員なので、身内擁護と思われるかもしれないが、見当外れは見当外れだから指摘しておく。

中国の呉儀副首相が小泉首相との会談をキャンセルして帰国することを町村氏は事前に知っていた、と自民党議員が中国側に話したというのだ。名指しはしなかったが、念頭にあったのは野田毅衆院議員の訪中だったようだ。

野田氏は自民党総務会で発言を否定した。さらに「『ごますり』と言ったらしいが、感情を表に出した外交は必ず失敗する」と反論した。もっともな指摘だ。

中共と韓国の外務省は朝日新聞と野田議員に強く抗議すべきだ。貴国の外交は必ず失敗する、と彼らは言っている(笑)。

日中協会会長でもある野田氏は、小泉首相の靖国神社参拝などでこじれにこじれた関係を解きほぐそうと訪中した。本来、政府が責任をもつべき仕事である外交で政府がしくじっている時に、見かねて動いた議員外交を「無用のごますり」とおとしめるのはいかがなものか。

行政府である政府が本来持つべき仕事である外交を、与党三役でもなんでもない、立法府の「ただの一構成員」が政府方針に反した動きでフォローすることはどう考えているのか、示してもらいたいものだ。それが朝日の考えに合致しているからという単純な理由だけで書いた文章ならば、社説なんて止めちまえ。確かに「無用のごますり」は言い過ぎかもしれないが、政府・内閣から頼まれもしないのに訪中して、「俺がうまいことやっといたからさ」と自慢げに話しているのをみて、ムッとしたんでしょうな。「あんたは口出せる立場じゃないでしょ」と。

議員外交自体は否定しないが、与党議員であれば、内閣から「俺たちはあそこの国はよくわからないから、野田さん、フォローしてもらえませんか?」という依頼があったとか、そういう方向性で動いてもらいたいものだ。内閣の外交戦略を邪魔して、自慢して、嘘ついてりゃ世話ない。

そもそも根本的な問題は大臣が語っているように、「中共の副首相のドタキャン騒ぎを政府筋は事前に知っていたのか否か?」ってこと。野田議員が「事前に知っていた」と語り、大臣が「そんなことはない」と否定したのがここまでのあらすじ。今度は野田議員がソースを示して「いや、知っていたはずだ」と応戦しなくてはいけない。朝日はこの最重要点をうやむやにしている。

文相を経験し、教科書問題にも詳しい町村氏の持論なのかもしれない。だが、日本の教科書を擁護するためとはいえ、「左がかっている」「日教組が採択」という言葉はあまりに乱暴だ。

ここは仰る通り。採択はあくまでも各地方の教育委員会。その教育委員会構成員に日教組が圧力をかけているということまで明らかにしないとね>大臣。ソースなんていくらでもあるんだから。

「首相が靖国神社に行ったから軍国主義だとか批判はあるが、とんでもない。赤字国債を出してまでODAを一生懸命出し続け、90年代は第1の供与国だったことは胸を張って言える」

日本が軍国主義でないことも、途上国援助に努力してきたことも事実だ。だがそれらを結びつけてしまうと、多額のODAを出しているのだから靖国参拝を批判すべきでないと聞こえないか。

え~と… 聞こえませんが(笑)。いや、マジで(爆笑)。大臣は「首相が靖国参拝したから軍国主義だって? よく考えてみてよ。借金してでも途上国援助をし続けてきたじゃないですか。それは全世界が安定してくれることを望むという平和主義の表れですよ。現に60年も戦争していないじゃないですか」と言っているだけじゃん。日本語読解能力まで中国人並みになったのか>朝日社説氏。否、私の知人の中国人の方が上かも。いや、冗談抜きで。

政治家がわかりやすい言葉で率直に考えを述べることは歓迎するが、外交責任者としての責任と払うべき配慮があることを忘れてはならない。

「払うべき配慮」ねぇ… 「払うべき近隣諸国への配慮」の間違いでしょ(笑)。

まぁ、親子二代で岸派の流れをくむ派閥にいたから、大臣は旧田中派にいい感情は持っていないだろうね。中国利権は旧田中派が独り占め状態だから、そこら辺の打算もあるんだろう。まぁ裏の顔はどうあれ、私にしてみたら中共の顔色ばかりうかがっていた歴代外相よりは好感が持てるので、地元選出議員云々は抜きにして、応援しておりますよ、えぇ。


大臣、最近は保守系bloggerに「GJ!」とか「今までの連中よりはまだマシ」と評価の対象になっているけど、前回の選挙では閣僚経験者とは思えないくらいにかなり危なかったんだぞ(笑)。大臣の選挙区(北海道5区)は私の地元・札幌市厚別区、大臣の地元・江別市(本州でも有名な町村牧場の一族)の他、千歳市・石狩市・北広島市・恵庭市・石狩支庁管内町村と実に広範囲(地図で確認して欲しい)。元々は土着人しかいなかった厚別区・江別市・北広島市・石狩市がここ25年くらいのドーナツ化現象で新規流民が増え、大票田厚別区はもちろん、大臣の地元江別市でも惨敗(^^;。それを救ったのが、千歳市と恵庭市・北広島市を中心とした「自衛隊票」と推薦に廻った学会票(これをいれても厚別区と江別市では惨敗(^^;)という事情がある。

最近の対中強硬路線は、次回選挙の自衛隊票を確実にする効果はあるが、学会票を失うかもしれないわけだから、選挙をにらんでの話じゃないと思われる。「台湾利権だろ?」とも思われるが、利権を得るために学会票を失いかねないというのはナンセンスな話。文科大臣と外務大臣は務めてはいるが、地元に利益を誘導しづらいポストだし。なんとなくだけど、政治信条でやっているっぽいな、と。まぁ「旧田中派を弱体化させないといかん」くらいの邪な野望は持っているだろうが(笑)。ちょいと、安倍晋三までのショートリリーフくらいの感覚で森派を継承できないものか知らん。ただ集金能力はなさそうだから、領袖は無理かorz…

| | Comments (55) | TrackBack (0)

北朝鮮代表に金の卵発見!

社長が「テレビ観ていいよ」ということで、北朝鮮戦を観戦。試合自体はまぁあんなもんとして、やっぱりアレでしょ。

キム・ヨンスを今すぐスカウトしろ>プロレス団体or格闘技興行主!

猪木-アリ状態から日本DF(田中?)の顔面めがけて踏みつけにかかるほどの、見事な闘争心。サッカー選手なんかにしておくのはもったいない。サッカーなら一発レッドで退場だけど、格闘技なら全く問題ないし、立派な戦法だぞ(切り替えされることもあるけど(^^;)。野球に比べて人材難のサッカー界に救世主という感じだ(^^)。

よく考えてみりゃ、今回の北朝鮮代表は軍属が多いらしいから、武器が使えない状態での白兵戦を想定した訓練とかもやっているんだろうな。ちょっと納得。

しかしアレですな。ああいう行為がサッカーファンから「プロレスじゃないんだから…」といわれるうちが花で、「格闘技じゃないんだから…」といわれてしまうと、いよいよプロレスもおしまいですな。果たしてサッカーファンの反応やいかに? まぁホシュからは「これだから民度が低い国は…」と書かれるんだろうがorz…

| | Comments (10) | TrackBack (2)

2005.06.06

流華

我闘姑娘の板橋大会を観戦。

零のパートナー零2号の正式リングネームは「流華」だそうな。で、二人のタッグは「デイブレイク」だってさ。まるで男闘呼組だね(笑)。

この流華、なかなかのマスク美人でスタイルもいい。マスクの奥の目はどこかで観たような… そしたら序盤から正体のレスラーの得意技を連発。あぁ〜、彼女かぁ。そういえばパンタロンが白いから下の水着が少し透けるんだけど、特徴ある色だし。

先週も素顔の彼女のファイトを観たけど、評価できるような内容じゃなく、「なんだかな」状態だったわけだけど、驚いたことにこの日は結構よかったんだよ! 某氏曰く「素顔の時より、マスクを被っている方がよっぽど表情が見える」。けだし名言。素顔の彼女は怒ったり痛がったり苦しそうな顔はするけど、今ひとつそれが観客に伝わらなかった。ところがマスクを被ったとたんに、痛がったり怒ったり喜んでいるのがわかる。もしかして、マスクウーマンの素質があるのでは? まぁ、格下相手だったからかもしれないけどさ(笑)。

ユニット名を発表したってことは、準レギュラーみたいになるのかな? もう一回観たいかも。

| | Comments (55) | TrackBack (0)

2005.06.02

旧日本兵

結局、比ミンダナオ島の旧日本兵は「証拠不十分」ってところなのだろうか? もしかしたらご本人なのかもしれないが、仲介者が怪しすぎるということか。

引き揚げ船に乗れなかった敗残兵はもちろん、小野田少尉のように上官からゲリラ活動の命を受けた軍人、インドネシア独立戦争を手伝うために自らの意思で引き揚げ命令を拒否した兵など、多くの日本兵が現地に残ったはずだし、このタイミングで見つかるということも十分考えられる。

先のエントリーで触れているように、私は「中尉ともあろう軍人が軍法会議を恐れるのか?」という違和感があった。もちろん軍人だってピンキリだし、士官クラスでも軍法会議を恐れる者もいただろう。ただそれを、現地人に吐露するというのがピンとこなかった。戦中の人間で、戦後も現地の共産ゲリラに戦闘を教えていたほどのプロフェッショナルが、「軍法会議が怖くて…」と第三者に答えるだろうか? 心の奥底ではそう思っていても、口に出てくるのは「敗残兵としておめおめと故国に帰ることはできなかった」くらいじゃないだろうか? そんな違和感があったので、ああいう歯に何かが挟まったような文章になってしまった。反省。

「軍法会議が怖くて」という文言を紙面に使用したのは産経と読売。その意図はわからない。実際に帰国した場合、報道陣から「なぜ今まで帰る意思がなかったのか?」「軍法会議が怖かったのか?」という質問が浴びせられるのは必定。これはご本人の名誉に関わることだ。現代人なら名誉が傷つくほどの問題ではないかもしれないが、我々現代人が考える名誉の尺度なんか通用しない可能性は大きい。そこまで考えていただろうか? ましてや今回の情報がガセで、ご本人が現地で亡くなられていた場合は、故人の冒涜にもなろう。両紙には反省を促したい。

| | Comments (200) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »