« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.29

たけしのTVタックル

「たけしのTVタックル」で民主党の西村議員が言いたいこといっていたなぁ。自自公政権下の防衛庁政務次官時代に「日本も核兵器を持つか持たないか、議論しなくてはいかん」というニュアンスの発言で辞職に追い込まれた議員といえば、理解が早いか。

「敵国ってのはどこなのかはっきり言えばいいんだよ」と大竹まことが吠えて、同じ民主党の原口議員が「日本にミサイルを向けている国ですよ」とぼかしているそばから、「中国と北朝鮮ですよ!」とばっさり。政権党の自公の議員連中が明言できないことをいいことに、言いたい放題。

台湾問題に関しても、勢いは止まらない。「中国が台湾に攻撃を加えるようなことになったときは、日本は全力を挙げて助けないかん。なぜなら今回のマラッカ海峡の海賊で明らかになったように、日本は四方を海に囲まれておる…」と、ここでCM。CM明けは話が微妙につながっていなかったので、テレ朝がカットしちゃったんでしょう。おそらく「シーレーンを確保しないと、日本経済は破綻する。中国が台湾を領有すると、台湾海峡は中国のものとなりバシー海峡もその影響下に置かれることになる」といった内容の発言をしたのではないかな、と。これ、日本にとっては韓国大統領の妄言なんかよりもめちゃくちゃ重要なことなんだけどね。日本人はもっと地政学を学ばないといかんね。


<追記>
なんか西村議員のサイトの「時事通信」の05年3月24日付と、私のこのエントリーで書いたことが一緒じゃん(笑)。もちろん台湾とバシー海峡を挟んだフィリピンを加え、現国名のミャンマーにしてあるあたり、私なんか足元にも及ばないけどさ。ふん、だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全女の解散が明らかに

ニッカン

不渡りを二度出して銀行取引停止になってから7年半。詐欺師紛いの手法も通用しなくなったか。

ところでこの記事の…

残った主な団体は神取忍のLLPW、堀田祐美子のAtoZ、井上京子のNEO、JWP、我闘姑娘などになる。

…を読んで、頭が痛くなった。我闘姑娘が入ってしまうのね(ニッカンに宣伝にきていたとはいえ)…

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2005.03.28

サッカーのルールをハッスル風に!

イラン戦は「世界最悪のアウエー」というほどには感じなかったんだけど、実際のピッチでは応援やブーイングが激しく感じられたんだろうな。

25日は帰宅が深夜0時だったので、イラン戦は後半0−1の時点から観たんだけど、その分サウジ−韓国戦は最初から最後まで観ましたぜ(笑)。どう贔屓目に見ても、両国とも日本やイランより強そうな気がする(^^;。特にサウジはホームの後押しがあったとはいえ、アジアの枠からはみ出たような… って褒めすぎ?

笑ったのが、テレ朝の実況も解説も完全に韓国よりだったこと。「日本と北朝鮮が負けているだけに、東アジアの3敗というのは避けたいところ」「日本におられる心情的に韓国を応援している視聴者の皆さん」「韓国イレブンは熱くなってはいけません」「余計なファールはいりません」… 美しいサッカーを魅せたサウジには「ホームの声援」「うまく機能しています」って感じ。在日韓国人サポーターに配慮したのだろうかね? まぁいいけど、「東アジア」ってだけでそんなにシンパシー持たなくてもいいと、個人的には思うんだけどね。朝日の面目躍如?

で、昨日IWAジャパン後に今後のサッカーについて話し合った(笑)。

ハッスルで行われた「観客ジャッジメントシステム」を導入するといいのではないか? 試合がどうなろうとも、最後は観客一人一人がどちらが勝ったかをボードで勝敗を決めるのだ。北朝鮮はお得意のマスゲームで感動的なボード捌きをみせるかもしれない。

これはもちろんホームゲームが有利だ(笑)。となると、日本人サポーターは金に物をいわせて、大挙して相手国にいくことになるだろう。すると相手国サポーターは、日本人サポーターを会場に入れまいとしてあちこちで小競り合いがおき、最終的にはサポーター同士が戦略を練るかたちになる。アウエー国サポーターはいかにして会場を占拠するかを考え、ホーム国サポーターはいかにして会場に入れさせないようにするかを考えるわけだ。これって要は陣取り合戦… 平たく言えば戦争と同じじゃん。あ、だから「サッカー国際マッチは戦争」って言われるんだな(違います)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IWAジャパン

ジャズを観るためにIWAジャパンを観戦。

新人(名前失念)のデビュー戦があったんだけど、対戦相手が健介オフィスの中島。新人クンもまだ十代らしい。近年の男プロでは考えられないほどのリング上平均年齢になる(笑)。この新人クン、見てくれにこだわっているのか、「おいおい」な攻撃が多い。中島がボディ・スラムをやらなかったから、きっと受身も「?」なんだろう。そんな相手のデビュー戦を十代の中島が無難にこなすって、よく考えてみると凄いな。新日のYLにつとまるかと問われると、ちょっときついかもしれないね(^^;。

で、ジャズだけど、「本物を観ることができた」という事実だけが残ったって感じですか?

そんな感じでまったりとした状態でメイン。ワカマツがNOW軍に与しないで正規軍のマネジャーになったもんだから、そりゃあNOW軍はワカマツにつっかかりますわなぁ。最後の最後で維新力にクロスチョップ→ワカマツスペシャル→クロスチョップで試合に介入、チョコが原爆固めで維新力をフォールというオマケつき。マネジャーの試合介入からの勝利という「不透明決着」といわれてもいいような流れだけど、会場はドッカーン。いやぁプロレスって面白いね(^^)。

負けたNOW軍はワカマツに「道場檄で一緒にやった仲間じゃないか。なぜ正規軍につくんだ? 一緒にやろうじゃないか」とアピールする。これを受けたワカマツのセリフが格好いい。

「俺が北海道でずっと引っ込んでいると思いやがって。何が一緒にやろう、だ。お前達、俺に一言もなかったじゃねぇか!

再び会場ドッカーン。そりゃ若松の言うとおりだよ。礼を失した連中と一緒にやれるわけがないよね。対して浅野社長は三顧の礼をもってワカマツを口説いたわけだしね。「実力勝負の世界」だとかいっても、日本人として礼を失してはいけないよ、ということだ。痺れたよ>ワカマツ。最後に旧知のセブンと抱き合ったのも、なんかよかったし。

メインのおかげで実に楽しい興行だった。脇役とはいえ、畠中や大矢もいい味出していたと思う。難は慶三が一番目立っていなかったということかな(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.03.24

行方不明者の捜索です

つぐみ、どこにいるの?:娘を捜しています

捜索方法論など、思うところはいろいろあるのですが… リンク先を訪れてみて下さい。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

靖国神社参拝

21日はちょっとした用があり、靖国神社参拝。祝日だからか、それなりに人はいる。過去、朝鮮語や中国語を話す観光客が拝殿近くで記念撮影していた姿を何度も目撃しているが(そしてこの事実が私を「韓国人・中国人の多数は反日」という意見に与させないのだ)、見よう見まねで参拝していた観光客ははじめて見た。北京語っぽかったのであるいは台湾人かもしれないが、顔つきはインリンやビビアン系ではなく大陸系だったので、中国人の可能性が高そう。もしそうならば、中共の政治プロパガンダは末端の富裕層までは浸透していないということか?

で、久しぶりに遊就館を拝観。改修前と後とでは展示量に絶対的な差があり、真剣に展示物を眺めていたら何時間もかかることと、元日や8月15日は異常に込むことから、一度として全部をまともには拝観できなかったのだが、この日はそういった特別な日の十分の一くらいの人出でかなりゆっくりと拝観できた。

こうしてゆっくりまわってみて、気付いたことがある。改修前は、日清・日露までの勢いが現代に近づくにつれトーンダウンして、大東亜戦争にいたっては御英霊の生前の決意・悲しみ・憂いといったものが前面に押し出され、展示品の前で涙する戦後世代も多く、なんとなく展示の流れからすると違和感があった。もっとも、拝観する多くの人の目的もそこにあったような気がする。左サイドの「戦死した人は無駄死に」「徴兵されて戦死なんてバカらしい」「国のためではなく、自分のために生きよう」というような喧伝を迎え撃つために、「実際に玉砕・散華された御英霊の生前の声はこう語っている」という展示方法といえるのかもしれない。

さて改修後であるが、明治維新後のざっくりとした日本と外国のかかわりが理解できるようになっている。日清・日露戦争も支那事変も大東亜戦争もテンションは同じ。大東亜戦争関連の展示がやはり格段に多いが、時代が近くご遺族から資料の寄贈が多かったことと、戦争規模からも妥当だと思われる。御英霊の生前の書をまとめた本の展示もあるが、あまり目立たない。当時の背景、作戦意義を説明したパネル。展示品にまつわるエピソードなどなど。全体的に「現在の日本があるのは、このように守ってきた御英霊があってこそ」という展示になっている。

もちろん展示方法が変わったところで、多くの拝観者は関係ないんだろうけど、個人的には今の方がしっくりくる。大事なのは、御英霊の意思に同調・同情することではなく、御英霊の礎の元に現代人が日の本で生きているんだという漠然としたアイデンティティーを得ることなのではないかな、と思う。聡明な方なら遊就館に行かずともそのような感覚を得られるのかもしれないが、私なんかは学ばなければいけないのだ。そういう意味では、今の展示方法の方が右寄りなのかも知れない。

もちろん「御英霊の御霊を祀る神社の展示館」という性格上、日本からの視点からで論じており、公平さには欠けるわけだけど、それでも拝観料は高くないんじゃないのかな、と思う。右寄りの人ばかりが拝観しているわけではなく、お土産売り場の軍帽を見て、「こんなの被っていたら右翼だと思われちゃうよ。うひゃひゃひゃ」なんて大声で話している団塊世代観光客もいるし、そんなに怖いところではない(笑)。何かの機会で九段下に出向いたときには、ちょっとのぞいて欲しいものである。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

2005.03.21

「仮面ライダー響鬼」を楽しく観る

「鬼オニ」「童子ドウジ」「物モノ」は古来、「神カミ」と同義(「桃太郎」「一寸法師」など「鬼」を退治する役が「童子」なのも無関係ではない)。祟るモノ(「もののけ」の「もの」)を鎮めるための宗教である神道が確立され、祟らぬ存在となったモノは「神」となり、悪役(?)の「鬼」と次第に区別されるようになった。太鼓はモノを鎮めるためにも、神と心を同一にするためにも用いられる(この二つは「モノ」と「神」が同一であるということを考えれば、根本的には同じこと)。

この辺を認識しておくと、「響鬼」はかなり面白くなりますな。猛士の本拠地は吉野にあるそうですが、吉野といえば修験道の本拠地ですからね。「鍛える」ってキーワードもおそらくはそこから出ているのでしょう。ディスクアニマルは「式神」と呼ばれているようですが、式神は陰陽道の精霊のこと。修験道は仏教の一派かもしれないけど、日本古来の山岳信仰に基づいたものだし、陰陽道も支那の陰陽五行説に基づいているものとはいえ、式神あたりは神道の影響がみえるし… まぁスタッフもそこまで考えてはいないんだろうけど(笑)、非常に日本風な仮面ライダーであることは間違いない。

ちなみに有名な肖像画(?)で聖徳太子は両脇に童子を連れていますが、どうも聖徳太子は祟る存在だったようですね。だから「聖徳」などというこれ以上ないくらいの呼び名を後世になってつけた、と。「鬼」関連で読書していたら、そんな知識まで頭に入ってしまいましたわ(^^;。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.03.18

新韓日関係ドクトリンだってさ…

あ〜あ、また韓国の話題だよ… 「安倍なつみふれあいコンサートに全部落選したのは竹島問題のせいだ!」って言えたらどんなにか楽だろうorz…

朝鮮日報
参考:tarochan.netさん

エキセントリックな反日活動家が多いからといって、国家ぐるみで反日という意見に与することはできない私ではあるが、韓国の反日政府には物申す。

「これから発生するすべての事態に対する責任は全面的に日本側にある」とは穏やかではないね。参考元のtarochanさんが仰るとおり、「事実上の宣戦布告」と捉えられてもいいくらいの声明だ。実際に明文化されるのか、明文化されたときの表現はどうなるのか。注目すべきなのかもしれない。

それにしても最近の韓国マスコミと韓国政府の反日は無視できないものがある。竹島はどこをどういじってみても日本領なのに、韓国が軍事的に実効支配していることは明らか。国際法では実効支配がモノをいうので、そのしかるべき時まで実効支配しようという腹でしょ。李承晩ラインは詭弁に過ぎないことは少なくとも韓国政府は知っているわけでね。韓国国民は知っているのか、それとも日本と同じで政府やマスコミが口をつぐんでいるから知りたくても知ることができないのか(「インターネットで調べられる」という意見もあろうが、そこまで情熱を燃やす人なんてそうはいないでしょ)。

その実効支配している竹島をどうして韓国側が問題視するのかがわからない。普通、日本側が「あの島はウチのだ」と声を上げて、韓国側が「いや、ウチのだ」というのがスジ(?)じゃないの? 最近の流れは、韓国側が「あの島はウチのだ」と声を上げて、その報道を知った日本人保守層が「よくよく調べてみれば、ウチのじゃん」と反対の声を上げ、さらに韓国側が「それ以上あの島のことを言うと、強硬手段に出るぞ」と威嚇しているような図式か。

つまりこういうことなんじゃないの? まずある日本人が「竹島は日本の領土」と声を上げるがマスコミは取り上げず、多くの日本人は竹島問題の存在自体に気づかない→日本の反日マスコミがご注進→韓国の反日マスコミが「日本が独島を奪おうとしている!」と大々的に報道→島を題材にした歌謡曲がヒット→実効支配を世界にアピールするために記念切手発行→日本のマスコミが報道→興味を持った保守層が歴史経緯を調べ日本領と公言できることを確認しWeb上で声を上げる→韓国人怒る→日本人も怒る→韓国人もっと怒る→(以下延々と繰り返し)→エキセントリックな韓国人火病る…

島根県議会を牽制した外務官僚には呆れるばかりだけど、首相の「お互い冷静に」というのはわからないでもない。餌の奪い合いをしている犬の喧嘩に水を浴びせるのも飼い主の仕事だ。たとえ自分の飼い犬の餌であることが明らかでもね。もっとも、韓国は飼い主自身が積極的に喧嘩に参加しているのだが(嘲笑)。

日本語で読める朝鮮日報や中央日報を眺め、韓国政府の対応を見ていると、どうも韓国はファシズムに傾いているのではないかと思える。少し親日的な考え(私にはそうは思えないが)を披露しただけで市民団体から追放され、訪日したことを隠したい気分にさせ、って「実質的な言論・行動の自由制限」じゃねぇの? しかも国会で「日帝植民地時代に親日的な行動をした人を処罰できる」という法案まで通ったらしいし。

満州事変の際、日本政府は不拡大方針を打ち出したのに、日本人の多くは関東軍を支持したらしい。いわば民衆側から押し上げて、いつの間にか全体主義風に行き着いてしまったという世界的に稀有な例。ところが今の韓国は政府主導型のいわば「正しいファシズム」の二歩ほど手前という印象か。

私はファシズムは嫌いなので、「実質的な言論・行動の自由制限」もイヤ。「穢れ思想」を基にした差別はよくないと考える一方、部落出身者の非道行為自体への攻撃的言論まで言えない・書けないというのは絶対に反対。そういう意味で、ここ数ヶ月の韓国政府には嫌気がさしている。「日韓友好年」なんて反故にしてもらいたいくらいだ。

とはいえ、我が日本も危ういといえば危うい。10ヶ月前に発布された法律を知っていながら対応策をとれず仕事がうまく回らない境港市の業者に同情の余地はないが、だからといって「世論を考えると、苦しいとは言えない」と業者に言わしめる今の社会はどうかと思う。「韓国での自分の立場が拙くなるから、実名報道しないで欲しい」と訴えた韓国人観光客を実は日本人だって笑えないんじゃないかとさえ思っている(まぁ「自分の不手際を世論のせいにして、同情票を得ようとしている」という考え方もアリだけど)。それでもこの業者は身の危険は感じていない分だけ、まだましなのかな(笑)?

平日はまじめに会社で働いている大多数の韓国人に聞きたい。あなたの国には平日の昼間に大騒ぎしているこんな人たちがいらっしゃるようですが、あなたたちはこの人たちを「自国の恥」だとは思わないのですか? それとも賛同していらっしゃるのですか? 多くの日本人は、あなた達サイレントマジョリティは彼らを黙認していると思っていますよ。もしかして、日本のマスコミがあなた達が反対の声を上げていることを取り上げていないだけですか?

正直韓国なんてどうでもいいと思っていたが、北朝鮮に利用されるとなったら話は別だな。タモリの持ち芸に「インチキ外国語」がある。北朝鮮のマネはニュース番組の勇ましい朝鮮語(風)で、韓国のマネは牧歌的で優しい感じの朝鮮語(風)だった。今、このネタをやってもきっとウけないだろうな。エキセントリックな韓国人が話す朝鮮語は、かな〜り北朝鮮の朝鮮語に近く聞こえるからね。あのどこかヌけた感じの牧歌的な朝鮮語は都市部ではもう聞けないのかな?

| | Comments (10) | TrackBack (4)

2005.03.16

捜索費用支払い拒否事件の続報

山形の一件は妙な方向にいってしまったなぁ。

電凸した人がホテル側から聞いた話、抗議メールした人に宛てたホテル側の返信がいろんなところにコピペされている。主な内容としては…

「警察への捜索依頼と費用の件は同行者に説明した」
「竹島問題が韓国内で話題になっているときに日本に旅行したとあっては自分の立場が危うくなるから実名は出さないで欲しいとのことだったが、それが守られていないので怒っている」
「捜索費用を払わないということではない。怒りの主たる内容は実名報道について」
「肩代わりするということは当ホテルはコメントしていない。が、一部責任があると考えており、どのように対処するか協議中」

さらにこちらで韓国人からのトピックで「当事者は不倫旅行中だった」という爆弾が。

まぁ不倫疑惑の方は真偽のほどは定かではないが、ホテル側の主張には信憑性がある。比べて山形新聞の記事の方はあまりにも説得力に乏しい。実名報道されたことに対する怒りのあまりに火病って、「捜索費用なんて払わねぇぞ」「そもそも捜索を頼んだ覚えはねぇ」「実名報道したことについて裁判起してやる」って吠えたという可能性はあるよね。最終的には火病もじきおさまって、捜索費用を支払うような予感。ホテル側は払うことはないよ(笑)。

とまぁ、資料として山形新聞は使えない可能性が高い(朝日が何にでも「慰安婦」を持ち出すように、左巻き新聞が「竹島」を過度に大きく取り上げただけじゃないかな、と)。で、ホテル側の言葉を信じたとしよう。するとなかなか面白いことが浮かび上がる。つまり「このタイミングで日本旅行にきていたことが周りにバレると、拙い」というニュアンスのこと。そんなに拙く思ってしまうくらいに、彼らの周りに反日が多いのかってことだよね。単に政府とマスコミが反日に先走っているだけじゃねぇのかよ、末端の国民にまで広がっているのかよ、ということだ。

もし彼らが反日市民団体に属しているのなら、そりゃあ日本でスキーを楽しんでいては拙かろう(笑)。韓国はそういうツメの甘さはあるらしいし、その可能性も否定できない。また、噂通り、不倫旅行だったらなおさら拙いか。

さて、真相はどれなんだ(笑)?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

社民党の自家中毒

産経
参考:Irregular Expressionさん

「党内には「解雇通告した職員は仕事もろくにしないで、いつも権利ばかり主張してきた」(幹部)と嘆き節も漏れている」

ダメだ。参考先blogのgoriさんと同じく、腹が痛くなるほど笑ってしまった。単なる批判政党じゃないことを示すために、社民党には「義務あっての権利なんだよ」と労組員を諭して欲しいものだ(笑)。彼ら3人を受け入れる連合東京もGJ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嫌韓に対する素朴な疑問と海賊のこと

参考:韓国のプロレスとか、それ以外とかさん

私は人の意見に流されやすいということを最初に断っておく(我ながら凄い詭弁だな)。

日本にも「マスコミが報じない真実」がある。組合活動はなやかなりし頃、「メーデー参加ン万人」なんて報じられても、参加者の大半は労組に駆り立てられた職場委員とその家族というのが実情。でも、テレビに映ったりするのは、赤い鉢巻を巻いてシュプレヒコールをあげている人たち。千人ってとこ? そのちょいと横では職場委員の子供が綿飴を食べながら和んでいるわけだが、報道だけみると「ン万人がシュプレヒコールをあげている」ように錯覚させる映像の出来上がりというわけだ。
近年の「自衛隊のイラク派遣反対」というデモ行進だって、カメラは先頭で雄叫びをあげている人たちを映すが、デモ隊の後の方では大道芸人風がパフォーマンスしながら練り歩いているし。多分彼らの多くは実際に派遣反対なんだろうが、モチベーションなんて様々ということだ。例えば感極まった主催者が「これから首相官邸前でハンストをやろう!」と言い出しても、「そこまでやる必要ない」「警察の許可とっていないでしょ?」と離れる人も多いだろう。が、カメラが追うのはハンストをやろうと座り込む数十人と、撤去しようとする警察官の画だよね。おそらくナレーションは「自衛隊のイラク派遣に反対する市民団体の大規模なデモ行進がありました。2千人の参加があった行進でしたが、参加者の一部が首相官邸前でハンストのために座り込むと、警官が…」みたいな感じになるんでしょう。
こういう映像のトリック、言葉のトリックは日本では珍しくない。

「同じようなことが韓国にもいえるのではないか?」という疑問は当然あるべき。三一運動にしても、日本のメーデーよろしく、「なんとなく日本嫌い」という人達が足を止めて街頭で配られる太極旗を持って、お祭り感覚で参加するくらいで、実際に日本大使館に行ったり日章旗を燃やしたりするのは一部なんじゃないの、と。もちろん、そういうパフォーマンスは日本人のメンタリティでは理解できないので、距離を置きたいなと考える日本人が多数いてもおかしくはないし、実際に私もそう。ただその報道を持ってして、「韓国は国ぐるみで反日」「韓国人は嫌い」と考えるのは早計なのではないか、ということ。

もちろん、ノ大統領が個人への補償金に言及したことや、竹島の軍事力による実効支配、歴史教科書検定介入問題など、日本の不利益になるところには反対の声を上げなくてはいけない。朝日みたいな事なかれ主義を私は採らない。が、どうも日本に入ってくる韓国関連のニュースは突っ込みどころが多すぎるんだよなぁ… 実際に韓国は国ぐるみで反日なのか、日韓両国のマスコミの示威的な報道姿勢に我々が踊らされているだけなのか、そこんところはじっくり考えてみるべきテーマだと個人的には思うわけだ。

少なくとも私は「韓国の一部のエキセントリックな人々とそれを賞賛する人々」とは距離を置かせてもらいたい、という程度でしかない。韓国と中国を相手に大・東アジア主義を推し進めるのならともかく、海洋国家ニッポン丸としては、日本・台湾・インドネシア・マレーシア・シンガポール・タイ・ビルマ・インドで手を結んで、シーレーンを確保することが肝要だと思っているのでね。今回の海賊襲撃の方が韓国の火病なんかよりも保守系blogが取り上げるべき問題だと思っているくらいだ。。半島や大陸に心血を注ぐな。牽制するだけでいい。今も昔も日本は四方を海に囲まれているのだ。大東亜共栄圏の精神を忘れるべきではない。まずは海賊を何とかするべき。

それにしても拉致された船長のご家族の毅然とした態度たるや、見事という他ない。私が同じ状況におかれたとき、果たしてこの方々と同じ態度になれるだろうか? 案外、イラク三バカの家族と同じになってしまうのではないかと、危惧している…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.15

「指詰め」とか「遭難」とか

参考:tarochan.netさん

私は持論として「日本人にしても、他の国の人にしても、特にそれが民主国家の国民ならば、市民運動などに身を投ずる者はそれだけでエキセントリックな存在である」と思っている。

だから韓国で竹島問題での日本への抗議行動として、「自分の指を切り落として日本の首相に送り付けてやる」として実際に指に切りつけた親子を見ると、「お〜お〜、やっとるやっとる。それにしても日本のエキセントリックな人たちは、ここまではやらないよな〜。日本人の頭の中には絶対に出てこないもんな、こんな発想」という感想しかなかった。「韓国の一般の人はこの親子を何て思っているのかな?」という疑問はあったけど。

この辺の疑問には韓国のプロレスとか、それ以外とかさんが明確に答えてくれている。持つべきは、在韓の友人だ(笑)。

ところが、この記事を読んでぶっ飛んだ。


山形新聞
参考:Irregular Expressionさん
参考:散歩道さん

遭難のニュースが出て真っ先に考えたのが、「山の遭難の捜索は金がかかるけど、その辺の合意は得ているのかな?」だったんだけど、あぁやっぱりって感じ。相手が日本人なら「山の遭難の捜索は金がかかる」ことを依頼人が知らなくても、「そんなこと常識だろ」で済むかもしれないけど(?)、外国人相手だからね。これは韓国人でも何人でも関係ない。

「マスコミに名前を出された」という理由は、単にゴネているのではなく、メンツを重んじる国民性から考えて、本当に心外に思っているのだろう、と納得できる。納得できるが、名前を出したのはマスコミなんだから、マスコミが訴訟対象になるべきであって、警察や山岳遭難対策委員会に非はないはず。あるいはマスコミから「警察が実名発表していましたよ」とタレこみがあったのか?

で、「捜索依頼してない」。確かに警察への通報はホテルから。つまり「頼んでもいないのに、勝手に捜索して、勝手に見つけ出して、勝手に金を請求してきても困る」ってことか。なるほど。日本人のメンタリティがそれを受け入れるか否かは別問題だけど、筋は通っているように感じる(?)。

ただ、これはねぇだろ(呆)。

「一行はその後も、日韓両国の懸案でもある「竹島問題」を持ち出して、支払い拒否の姿勢を変えていない」

関係ねぇじゃん>竹島問題(笑)。そのうち「遭難したのは、日帝による韓国植民地政策のせいだ!」とでも言い出しそうだ。買い物における値切りと同じで、「とりあえずゴネておくか」という軽い気持ちなのか、本気で竹島問題の精算を求めているのか、真意は測りかねるが、大多数の一般韓国人がこいつらみたいエキセントリックな人でないことを祈るばかりだ。こいつらみたいな人ばかりだったら、愛・地球博から韓国人を締め出せ(とりあえず、私の知人の知人の韓国人兄弟はそんなことないから安心なのだが)。


ただ、日本人もなかなか醜い。

「ホテル側は「温泉街の各施設が誘客に頑張っている矢先に、今回の問題で水をさしてはいけない」との判断から、肩代わりすることで問題収束を図ることを検討している」って、おいおい。「温泉に水を差しちゃあ、いけねぇやね」なんて書かないよ、私ゃ。外国人を誘致しているスキー場で、文字を読まなくても絵と色で危険地帯であることを示す案内板がなければ、それはスキー場の落ち度。当日の天候がどのようなものだったのかわからないので、めったには批判できないのだが、日本語のみで危険を放送していたのであっても同様。よって、スキー場がかぶるというのなら話はわかるが、どうもそうではないらしい。傍目には責任の擦り付け合いで、ホテル側が折れたという印象。

実際に捜索費用をかぶるのであれば、ホテル側にお願いしたいのは、件の韓国人客に対し「本来であれば捜索費用は当事者(この場合助けられた5人。不幸にして亡くなった場合は遺族)が支払うべきもの」「韓国人にも理解できる案内板や放送がなかったという不手際があったから、今回に限り肩代わりする」「肩代わりしたことは、竹島問題とは無関係である」ということをきちんと伝え、納得させることですな。韓国の旅行代理店にもその辺は理解してもらわないといかん。しかし、なぜわざわざそんなことを一から説明しなくてはいけないのか? それは彼らがエキセントリックな人だからか。それともエキセントリックなのが韓国人なのか。

もしもその辺の対応がしっかりとしていたと胸を張れるのならば、何も肩代わりすることなんかない。堂々としていればいいのだ。首相の靖国神社参拝に苦言を呈した財界トップの売国奴のように、経済を優先させる必要なんかまったくないのだ。

| | Comments (4) | TrackBack (7)

2005.03.14

春の訪れを感じさせるもの

寒さが和らいでくると世間ではスギ花粉の話題でいっぱいで、「春の訪れ」を実感できる現象の筆頭級にならんかという勢いだ。しかし私は幸運なことに花粉症ではないため、今ひとつ実感がない。札幌にいた頃は「車粉」で感じていたものだが、スパイクタイヤの全面禁止条例が施行されて久しい今は、それもかなわない。都会ではましてやカエルやふきのとうといった感じか。

そんなことを思っていたら、キョウ、春の訪れを感じさせる事象に出会ってしまった。ズバリ「歩きタバコ」。

冬の間は寒いために手をポケットに入れたり手袋をしたりで、目立つほど多くはなかったけど、キョウはすれ違う人すれ違う人、ことごとく歩きタバコ。ランチをやっているお店でも全面禁煙が多くなったということもあるんだろうけどね。それでも寒空に素手で(あるいは手袋で)歩きタバコはあまり見かけなかったから、やっぱり春の訪れを感じさせる事象かな、と。

まぁ逆に考えれば、寒空に素手をさらしでも吸いたいと思っている人は比較的少ないってことか。個人的には手袋をしてでも吸えるだろうとは思うけど、自分の手袋を焦がすのはイヤだけど、他人の衣服やストッキング、子供の顔に灰を落とすことはなんとも思わないという人種が、この歩きタバコをする人たちなんだろう。

近年、女性喫煙者のパーセンテージが上昇しているというニュースを目にするが、こと歩きタバコに関しては男性の独壇場という印象があった。「あぁ女性はストッキング被害が多いし、子供の火傷にも注意を払うから、たとえ喫煙者でも歩きタバコはしないんだろうなぁ。それに比べて男性はだらしがないなぁ」と思っていたのだが、キョウの感じでは、たまたまかもしれないけど女性の歩きタバコも結構いるんだな、と。

保守系blogでは中国人や韓国人を指して、「民度が低い」なんて書かれることが多いけど、自分達の国民を見ても、威張れるほど民度は高くはないぞ、と。歩きタバコを禁止した条例は今なお全国に広がりを見せているし、歩きタバコで火傷を負った子供の被害も数多く指摘されているのにもかかわらず、それを「だって、喫煙スペースがないんだもん」と言わんばかりに堂々とやる国民のどこが民度が高いのか。「他人を慮る意識がない」という意味では、どちらが五十でどちらが百かは書かないが、民度に関しては五十歩百歩じゃないか、と私は思うのだ。

こういう公共マナーに関することは、シンガポールや中国のように法律で縛らなくても、市民が勝手に守ってくれるという日本人のモラルに頼るようなことはもう限界なのかもしれない。条例なんてまだるっこしいことしないで、刑法にきちんと盛り込むべき。警官にも交通違反よりも、こちらの方にノルマを課してもらいたいくらいだ。

まとめると「歩きタバコは社会の害悪」。以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.12

凱旋帰国?

ジョニー・トッド JAZZ NIGHT

ジャズピアニストであるジョニー・トッド氏の娘さんがボーカルとして参加するようなんですが、どこかで観たような顔なんですけど(^^;…

| | Comments (54) | TrackBack (0)

AtoZが未来の退団を発表

ニッカン

やはり女子プロレスに未来はない。

さて、T-1のアンケートになんて書こう(^^;?

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2005.03.06

祝・なちえり復活

なっちのハロモニ。復活により、なちえりにも新たな一頁が…

(●´ー`)<な〜に、亀ちゃん? 何、どうしたの?
リd*^ー^)<も〜う、安倍さんっ!
(●´ー`)<何、亀ちゃん! ウフフフフ

さらになっちのセクシーポーズ(?)のあとは両手を頬に当てて、
リd*^ー^)<かぁんわいぃ〜

だとさ(笑)。本気でなっちリスペクトのガキさんに対しては、
(●´ー`)<ガキさん、何でここにいるの?

だもんね。めげるな>ガキさん。


いやぁ「報道2001」も「サンデープロジェクト」も観たけど、なっちが復活したハロモニ。があったんで、内容は覚えていませんわん(笑)。時事ネタも飽きていたし(爆)。

それにしても、岡πのあの恣意的なコスは何なんだ? 嬉しいじゃねぇか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝ボケ

「マジレンジャー」「響鬼」「プリキュア」と観て、さぁ寝直そうかと、うとうとしたところでテレビから妙なNaが聞こえてきた。

「イルボンがフルーツをもっと美味しくします」

「え? なぜ『日本』だけ朝鮮語?」と画面を観ると、女子十二楽坊が… 「女子十二楽坊は半島じゃなくて、大陸だろうが」と惚けた頭でわけのわからないことを考えていたのだが、数秒後「あ、なるほど」と。

「イルボン」ではなく「ブルボン」だったという… 寝ますorz。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.03.04

<絵本>「ちびくろさんぼ」復刊へ 瑞雲舎

毎日

今週末はバターたっぷりのホットケーキか、ギイを塗ったナンを食べることにしよう(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.02

実名報道の是非(コンクリート詰め殺人の神作被告)

女子高生コンクリート詰め殺人の準主犯格だった神作譲被告が昨年5月に起した逮捕監禁致傷事件の地裁判決があった。

同被告の逮捕の際には、各紙で実名報道だったりされなかったり。つまり「逮捕監禁致傷事件で神作譲容疑者を逮捕した」ならOKだが、コンクリート詰め殺人を絡めての報道になると、少年法第61条がが活きてくるという「解釈」があるわけだ。

今回は、産経・読売・毎日が実名、朝日と中日系の東京は「元会社員」。見事に人権派と「人権教」派に分かれたようで(笑)。毎日は政治問題はともかく、社会関連は読売・産経に近いスタンスなのよね…

なにしろこの神作被告は、事件時の名字はOだったのに、更生保護関連団体責任者の神作久代氏と養子縁組して「神作」になったという… まぁ「更生しようとしても、名前が邪魔になって…」という主張はもっともみたいに聞こえるが、「元の名前について回る、自分がしでかしたこと」をも捨ててしまいたがっているようにも解釈できる。現に、更生できなかったようだし。

旧姓をOとしたのは、旧姓を書いているサイトがいくつか閉鎖されているからです。しかもこの8時間以内に。サーバーはgeocitiesとinfoseek。こんな鬼畜親子のために私のblogが閉鎖させられるのは不本意なので。まぁヘタレです…

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.03.01

日本の植民地支配、韓国大統領が個人賠償に初めて言及

読売

本文で触れているように、「日韓首脳会談で日韓の歴史問題について任期中に公式に争点とすることはないと表明」しているので、単なる自国民に対するポーズと受け止めるべきでしょ、これは。

「個人の補償請求が日韓条約締結で放棄されたこと」に関しては、その外交文書を大統領側が公開したことが記憶に新しいが、「政府として救済に取り組む姿勢を強調した」ことによって韓国国民の支持を得たいっていう具合に解釈するべきなんでしょうな。なんといっても政敵の朴ハンナラ党党首は、その日韓基本条約を締結した朴元大統領の実の娘だからね。「私は皆さんのために真剣に働きます。ですが、彼女の父親ときたら…」という手法だろう、と。

だから読売の「竹島問題を巡る動きや首相の靖国神社参拝問題など日本側の対応をけん制したとみられる」は考えすぎでしょ。もちろんそういう側面もあろうけどね。

条約改正の可能性は「0」ではないけど、困難を極めるのは明白。何しろ日本は「まとめて韓国政府に支払うから、あとの分配は内政問題だよ」という感覚だからね。明治時代の陸奥宗光みたいなタフネゴシエイターが韓国にいればいいんだけど、この大統領どうも「反省して金をくれ」と言っているようにしか聞こえない。だから自国民へのパフォーマンスだな、と。

さてこれに対して、各報道機関や各政党の反応が楽しみではあるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »