« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.31

久々に大晦日は自宅で

なんとなく男祭りを観ているんだけど、韓国の選手の入場テーマに「冬ソナ」のイントロが使われていたのには笑った。これに比べれば、長井&成瀬の入場テーマが「キャプチュード」であっても、何の問題はない。いや、「キャプチュード」をイントロに「マツケンサンバ」に流れたら、「冬ソナ」にも勝てるかも。ぜひやろう>新日。

その他、タップした安生にハイアンのセコンドが「Strong heart!」と讃えている(?)のにちょっとクるものがあったなぁ。吉田の相手はグッド・シェイプだし(^^;。

で、ネットを見たら、ドラゴンゲートが悪冠一色5人を解雇なんてニュースを発見したり。プロレスを含めた格闘界は、来年も波乱含みなのかね?

さてこれからお笑い番組を観て、テレビが面白くなくなってから靖国神社に初詣に行きましょうかね? ではまた来年!

| | Comments (26) | TrackBack (0)

2004.12.27

堀田欠場の「?」

AtoZ 試合結果

26日の大会の補足欄。「堀田祐美子は昼に後楽園ホールでの全女タッグトーナメントに出場し華名と共に準優勝したが、頭部を強打し体調不良のため今大会を欠場」? 全女の大会は観たが、頭部を強打したのは堀田の相手の前村の方なんだけどな… ん〜。

そうかと思えば、華名は左手首骨折で要手術… 全女のタッグトーナメント決勝はアクシデントによって、堀田・華名・前村・前川の四人全員が割り喰っちゃった様な試合になっちゃったけど、特にデビュー間もない華名の心理的負担が重かった様に感じたのだが… 自分の興業にもそれを引きずったのかもね。未来に比べて得な性格みたいだからいろいろと目立ってきたところだったのに、実にもったいない話だ。もったいないと思うのだが、堀田の「?」付きの欠場と関連づけようとする半可通の自分がイヤ(自嘲)。

<1/28 追記>
西尾にリバース・バイパー・ホールドを仕掛けられたときに華名の怪我が発覚した模様。リバース・バイパー・ホールドで手首の怪我ってことは、前受身を失敗したかあるいは…

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.12.09

北海道新幹線

おとこのおばさんリンク先を読むまで知らなかったのだが、北海道新幹線が札幌まで開業した場合、新函館駅から札幌駅まで1時間足らずでいけてしまうんだね。まぁ理論値だろうけど…

私が上京した当時では特急で4時間、今でも3時間の道のりが1時間足らずになるとは… 恐るべし>新幹線。札幌駅〜旭川駅の特急1.5時間よりも短い(料金は4〜5倍というところだろうけど)ということになると、函館市が札幌市に告ぐ都市になるかもね。北海道で唯一の「目に見える歴史のある街」だから、札幌をハブとして「日帰りで函館まで」という観光客が出てきてもおかしくない。だって時間的感覚としては、札幌から小樽まで鈍行で行くのと同じだもんね(料金はry)。

もっとも私が生きているうちは、新函館までで精一杯なんじゃないのかな(^^;。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

長射程ミサイルが公明党の反対で次期防から削除

読売

「日本の技術をもってすれば射程を延ばすのは容易で、近隣国に届くものにできる」んだそうだけど、その日本はロケットに関しては失敗ばかりしているけどね(苦笑)。

そもそも日本をミサイルでハリネズミ化することは竹入委員長時代の公明党の党是だったはずだが。そのミサイルの開発に反対する理由が「近隣国に届くものにできる」からというのが不可解。政府や防衛庁がそういう行動を起さないように、与党内から目を光らせるのが連立与党たる公明党の仕事ではないのだろうか? 可能性の話などしたら、「サマワに兵器を持ち込んでしまっては、それを使用することもできる」なんて理屈も通ってしまい、社民党と変わらない主張になってしまうではないか。

長期在留外国人の地方参政権付与を審議入りさせるなど、彼の国のスポークスマン的な存在になってきた同党のことだから、「韓国から抗議を受けちゃうじゃないか…」というスタンスなんだろうな、きっと。だったら、予算額についていちゃもんつける方がまだまし。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

亜大硬式野球部監督の脳天気コメント

痴漢も痴漢冤罪もこの10年前後で大きな問題となっているけど、集団でゾーンディフェンスということと、主犯格の和田容疑者の「今日はやっていない」という言葉から、冤罪も何もあったもんじゃありませんな。むしろ常習性をうかがわせる。寮住まいの部員が、わざわざラッシュアワーの中央線に乗るのかってのも含めてね。私はこの手の報道には「冤罪の可能性もあるよね」と斜に構える性質なのだが、さすがに今回は言い訳できないでしょ? にもかかわらず、亜大硬式野球部監督は「生徒達を信じている状態」か… 一人ならともかく、集団で連行されているんだから、たとえ警察からの報告がなくても、それくらい気付けよと思うのだが…

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.12.07

日本の学力「世界トップ水準と言えず」

読売

これをもってして「だからゆとり教育が…」と批判される方も多いんだろうけど、ゆとり教育以外にも考えられる要因はたくさんあるわけで、その辺もあわせて是正していかないといけないよね。でも、こればっかりは官庁の力でどうにかなるものじゃないしなぁ…

そもそも寺脇研の考えでは、子供が自発的に学校で教わることのその先を学ぼうとする、いわば「学ぶことへの自己責任」を子供達に持ってもらおう、と。そのための手段としての「ゆとり教育」だったはずなんだが、今回の結果を考える限り「学ばない」という選択をした子供が多かった、と。ただしそのような子供達が「学ばないことによる不利益」を今後被るかもしれないことに対して、どれだけの責任感を持っているのかはまったく不明。そもそも教育現場がゆとり教育を曲解しているっぽい。まぁ日教組の考えと寺脇の考えは根っこの部分でシンクロしているような感じなので、曲解ではないのかも知れんが(笑)。

そんなゆとり教育を廃する方向に向かうのは喜ばしいことだけど、今後はゆとり教育世代が親になるんだぜ? 親の再教育も必要なんじゃないの? 「ドラゴン桜」じゃないけど、「勉学に打ち込む人と、特技やスポーツに打ち込む人では、後者の方が輝いている」的な世間の風潮をどうするのかも問題だよね。

その輝いている人達だってごく一部とはいえ、15歳の少女を輪姦(今のところは都条例違反での取り調べだけど、10人前後相手に和姦ってのは考え難いよな)したり、電車内で集団(しかも主犯格は甲子園でエースを務めた球児)で強制わいせつ行為に及ぶ事実があるのに、全体から考えればまだまだそういう風潮は生きている。それどころか、臭いものには蓋じゃないが当該部を休部・廃部することでスポーツ部の持つすがすがしさを守ろうとさえしている(うがった考えかなぁ)。「健全なる精神は健全なる肉体に『宿れかし』」ということわざを知らんのか(笑)!

「趣味は勉強です」「特技は勉強です」と堂々と言えるような風潮にならないと… あ、それはそれでキモイか(笑)。

参照して欲しいblog:おとこのおばさん

| | Comments (2) | TrackBack (0)

全女の施設使用料滞納に市議会動いた

ニッカンスポーツ

あっちゃ〜。会場使用料「未払い」が珍しいことじゃないこの世界で、会場使用料「滞納」というだけまだましだけど、体育館側が簡裁への訴訟のための議案を提出したということと、マスコミが動いちゃったってのが拙いよな〜。今までは長い付き合いで興行後の支払いで済んでいた会場も、これからは全額前金を要求するとか、そういった方向になるんじゃないのかな、と。老舗団体以外なら、会場使用の交渉すら難しくなるかもしれないなぁ。もしかしたら今にはじまった話じゃないかもしれないけど、より締め付けは厳しくなりそう。

この記事で「そんなに酷いんだったら、せめて俺が生で観てやろう」という漢が多数現れてくれればね〜。

まぁしかし、プロレスファンとしては松永会長の「スター選手が現れれば収益も上がるので、もう少し待ってもらえれば」という一言にファンタジーを感じるんですが、普通の人は「何を甘いことを…」とか「丼勘定過ぎる」とか思っちゃうんでしょうな…

※どうもトーチューは一面扱いらしい(^^;…

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.12.03

プロレスファンの考えること

おぞましい話
も一つおぞましい話

プロレスファンの考えることは根本的には同じで、全てをプロレスネタに持っていこうという(笑)…

私は国内のプロレスではなく、WWEで考えてしまいました。この差はやはりなっちに対する「愛」なんじゃないかな、と(苦笑)。

エディの「I lied, I cheated, I stole! Orale! Viva la raza!」よろしく、復帰の場であるいは謝罪会見で、「確かに騙したさ、ズルしたさ、パクったさ! やったね(^^)! 道産子万歳!」と開き直り、ツアーTシャツに「騙して、ズルして、頂き!」とプリントするくらいのことはやってもらいたいんだよな~。パクられた著作権者は怒りまくるだろうけど(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.01

怖れていたことが…

FNS歌謡祭辞退。紅白も後藤とあややで乗り切る模様。「自局の不祥事を棚に上げて…」という意見もあるかもしれないが、そこはそれだな。私が書くことじゃないだろうけど、著作権者はもちろん、ハロプロ・オールスターズ(特に中澤)、後藤、あややに多大なる迷惑をかけることになるんだから、ハロプロ内で居場所がなくなるかもしれん。でも、ファンはついていくよ、とことんね。それくらい気合いの入っているファンは、なんだかんだ言ってかなりいるんだからさ。なんといっても「(お)塩騒動」を乗り越えてきた連中なんだから。

復帰は新春ハロプロになるんだろうか? 飯田の娘。卒業には立ち会っていてもらいたいな。あるいは2月の新機軸のショーかな? 日本青年館には行くけど、観客の気持ちは一つだよな。ドッカーンと盛り上がっていきたいな。

気になることはたくさんあるけど、「ガンバレ」。それだけ。


<追記>
個人的には盗作自体にはまったく興味がないわけなんだよね。「えぇっ! あの詩が盗作? ショック!」なんてなっちファンはほとんどいないはず。本人にとってはその事実がショックだろうけど(^^;。
興味があるのは、創作活動以外にも障害が出るだろうということ。私を含めて、ファンは「ガンバレ」なんてきれい事をネット上に書き散らすだろうけど、みんななっち本人というよりも、なっちを観ることができない自分が可哀想なんだよなぁ。ハロモニも自粛するだろうし。っていうか、創作活動の自粛だけでいいじゃん。飢えてるファンに餌をあげるのも事務所の仕事だぜ。あ、これ、プロレス団体にも言えることだな…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

なっち盗作

「盗作疑惑」として最初に取り上げたと思われるサイト

俺が持っていないものが多いな… っていうか、なっちの執筆物にはまったく興味が無かったんだろうな(^^;。まだ書店に行けばしれっとおいてあるだろうか?

それにしても執筆活動の自粛と商品の販売中止、違約金の支払いくらいで済むのか? ドサ廻り中心に馬車馬のごとくUFAに働かされることは容易に想像はつくが…

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« November 2004 | Main | January 2005 »