« G1開幕戦 | Main | 生日快乐 »

2004.08.09

北京と重慶は違うよ…

スポーツを政治利用するのはヒトラーだってやったわけだし、ブラジルにはスポーツ大臣なんてのもいるくらいだし、やっぱりスポーツと政治は切り離せない関係にあるんだろう。多くのアマチュアスポーツは額の大小はあるけど、国の予算から援助されている面もあるしね。ただ、日本人の美的感覚からいえば「格好悪ぃ」。その一言。

今回北京で起こった騒動と重慶などで起こった騒動とを一連のものと関連付けるのは早計だろう。重慶では、第三国との対戦なのに日本の国家吹奏の際だけブーイングが起こったりしていたわけだ。北京では自国が相手なんだから、完全アウェイ。まぁ国歌吹奏のときにもブーイングがやんでいなかったんだったら、それはそれで問題だけど。ファンやプレイヤーが足止めを喰らったといっても、そんなの柏では日常茶飯事じゃん(笑)。しかも柏の場合、投石まであったんだから、北京のそれより性質が悪い。もちろん、相手チームのサポーターがマナー違反をしたときに限られるし、北京の日本人サポーターがあの状況下でマナー違反したとは思えないから、どっちもどっちかもしれないけど。

感心したのは日本のプレイヤーから中国人観客のマナーにクレームがつかなかったこと。ジーコ監督も「国歌吹奏時におけるブーイング」について言及しているだけで、「試合中のブーイングは全然かまわない」と言っている。投石やピッチに乱入なんてことがなく、試合中のブーイングとバスに向かって「小日本」と叫んでいるくらいのものだから、プレイヤーとしては可愛いもんだったんだろう。まぁプロだからブーイングくらいでクレームをつけることもないはず。

となると、矛先は日本人サポーターにいくわけで、いつものように応援しているだけでゴミを投げつけられたりすれば、それは身の危険を感じるわけでね。プレイヤーと違って入退場口だって一緒なんだし。そうなれば邦人の保護の名目で政治介入しやすいわけでね。しかも中共に話をつければ、サッカー協会にも警備(機動隊@警察or武装警察@人民解放軍)にもトップダウンで話はいくし(そういう意味では、一党独裁制は対応が楽なのかも)。ましてや今回は公用車のガラスを割られたんだから、政治介入して当然だわな。ただ、やっぱりそういうのは「格好悪ぃ」。そういうこと。

|

« G1開幕戦 | Main | 生日快乐 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/1159728

Listed below are links to weblogs that reference 北京と重慶は違うよ…:

« G1開幕戦 | Main | 生日快乐 »