« ちょっとした勇気 | Main | 加護・辻ラス2つ前 »

2004.07.31

簡体字と繁体字と略字の狭間にて

注文したあと、輸入待ちになっていた孫悦の『大家一起來』が先日到着。いやぁやっぱり素晴らしいや>「幸福快車」(ダリアンガールズの公演では「シャララ」)。脳内でメンバーが踊る踊る(笑)。約3ヶ月も公演を観ていないのに、結構覚えているもんだな、と。

で、これ、中国本国だけではなく、台湾やら韓国やらも巻き込んだCD+VCDのようで、タイトルは全て繁体字。iTunesに曲名を入力するのに手間がかかってしまった。Windowsはわからないが、MacOS10には標準で簡体字と繁体字のIMがついている(ピンインを入力して変換する)のだが、繁体字だとピンインがわからない。でもあとから考えれば、なんてことはない。繁体字であれば日本の略字がわかるわけだから、略字を入力してもともとの繁体字を検索すればよかったのか(笑)。

そんなわけで、このCDをiTuns(MacでもWinでも)のCDDBで検索すると、私が30分かけて入力したタイトルが出るのだ。わはは。問題はどれだけの人が参照してくれるかだが(^^;…

でも、VCDの方の字幕スーパーは簡体字なのね(笑)。

|

« ちょっとした勇気 | Main | 加護・辻ラス2つ前 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/1090399

Listed below are links to weblogs that reference 簡体字と繁体字と略字の狭間にて:

« ちょっとした勇気 | Main | 加護・辻ラス2つ前 »