« 『大家一起来』 | Main | 凱旋興業SP »

2004.06.15

ファン気質

大阪近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブの合併問題。事実上は近鉄がオリックスに吸収となるわけだが、40年前は西鉄・国鉄・南海・阪急・近鉄・阪神と、プロ球団の半数が電鉄系だったのに、来期からは阪神・西武のみということか。南海と阪急がほぼ同時に身売りしたときは、「南海は鉄道も儲かっていないからしょうがないが、阪急は鉄道で大きな黒字を出しているじゃないか。便乗身売りだ」とずいぶん批判されたものだが、近鉄は南海よりは阪急寄りのようで、「赤字部門の首切り」なんて書かれている。今さら企業メセナについてどうこう書く気はない。近鉄本社首脳の考えも理解できるし、騒ぐファンの気持ちもわからないではない。

で、「球団の合併」で真っ先に思い浮かんだのが、マリノスとフリューゲルスの合併。今回と同様、フリューゲルスがマリノスに吸収されたかたち。フリューゲルスのサポーターは親会社に直談判に行ったが、流れを止めることはできなかった。まぁここまでは当たり前の話かもしれないが、ここからのエネルギーが凄い。球団を一つ作って、Jリーグの準会員にしてしまったわけだ。自分達で出資して、スポンサーを探して、合併の余波で職にあぶれた選手に声をかけて、協力してくれる経営陣を探し出し、監督まで口説いた。そして今や、立派なJ2の中堅どころ。

もちろん球団運営のために必要な資金、運営の難しさ、2部リーグの存在の有無など、野球とサッカーの違いは百も承知。でも、そこまでのエネルギーが近鉄ファンにあるのだろうか? 「サッカーにできたことなんだから、野球でできないことはない」と一肌脱ごうという近鉄ファンはいるのだろうか? 「合併反対」とボードを掲げることなんか猿でもできる。おそらく球団本社で直談判もやるだろう。ここまでくれば猿にはできない。しかしここまでだろうな。

で、間違いなく猿以下なのがプロレスファンだな(笑)。経営陣としてみたら、かつてIWAジャパンでファンの力(というか圧力?)によって休止宣言を撤回しちゃった実例があるので、「いつの間にかなんとなくなくなっていった」という方法をとらざるを得ないわけだ。そしてファンは「なんとなく最後っぽいなぁ」という感じがしたら、何か行動をおこすわけではなく、「せめて死刑宣告を受けて、すっぱりとあきらめよう」とか、興行が終わっても「1秒でも長くこの場所にいたい」とか、とかくネガティブな行動に走りがちだ(笑)。もちろん私も例に漏れず、なのだが(^^;。

むしろレスラーのほうがずっとポジティブで、「今度はこいつに社長やらせようぜ」みたいな(笑)。で、そのポジティブさがドツボにはまることもあるし、物凄くいい方向にまわりはじめることもある、と。少なくとも「僕らは現場の人間だから、お客さんにいいプレーを魅せるだけ」なんて野球の選手や監督のような発想はない。とにかくしたたかだ。この辺が、メジャースポーツになれない要因のような気もするが(笑)。

|

« 『大家一起来』 | Main | 凱旋興業SP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/773516

Listed below are links to weblogs that reference ファン気質:

« 『大家一起来』 | Main | 凱旋興業SP »