« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.29

Judas Priest

ロブがボーカルに復帰、秋にニューアルバム発表、来春来日公演ということで、JudasPriestの旧譜をちびちびと買い揃えている。実家にはLP盤でほとんどあるんだけどね。ソニーミュージックも「結成30周年」ということで、デジタルリマスタリングして再発しているので、ナイスタイミング。で、このデジタルリマスタリングなのだが、イイ! 某輸入レコード店で10年位前に買ったCDと比べて、音がクリア。今のところはCDで持っていなかったものを集めているが、こりゃあCDも買い換えようかな。そう思わせるだけの逸品。デジタルリマスタリングの効果が、私のようなタコ耳でも理解できるほどのものとは初めて出会ったぞ(^^)。まぁ単に大音量で聴くからかもしれないけどさ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あぽー

WWDC初日はすでに発表されていたTigerのプレビューと確度の高い噂として取り上げられていた30インチのシネマディスプレイの発表のみ。一番のサプライズは初日にやってしまうだろうから、確度の低い噂だったiMacG5の発表は今回はなしね… ただ新宿の某ショップでは大福iMacが「お取り寄せ」になっていたので、クロックアップ&値下げ程度なら近々あるのかも。もはや「液晶モニタのeMac」といってもいいくらい、スペックはeMacと変わらなくなってきているからなぁ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.23

生日快乐

本日、6月23日は、永田ルリ子さんのお誕生日です。おめでとうございます。

あれから17年ですか。早いものです。DVDに関しては、ヨドバシカメラがプロモーションで流しているのを眺めたところ、今までと同じく、遠い画はまんまで、近い画は不自然にコマ割りされていました。そのために「セーラー服を脱がさないで」は同じ立ち位置のその子と国生も近い画がないという(^^;… まぁ買っちゃったけど、観ていないですわ… しょうがないことなんだと自分を納得させるしかない。最近はそういうことが多い(爆)…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.20

凱旋興業SP

今月5日の凱旋興業の模様がCXで30日深夜に放送らしいことを、ウチの掲示板を通じて教えてもらいました。

まぁいつかは放送されるものとは思っていたけど、結構早かったな、と。楽しみ楽しみ… な反面、ちょっと不安。何か最近、こんな表現が多いな(苦笑)。いや、それよりも、ちょんと放送してくれよ>CX。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.15

ファン気質

大阪近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブの合併問題。事実上は近鉄がオリックスに吸収となるわけだが、40年前は西鉄・国鉄・南海・阪急・近鉄・阪神と、プロ球団の半数が電鉄系だったのに、来期からは阪神・西武のみということか。南海と阪急がほぼ同時に身売りしたときは、「南海は鉄道も儲かっていないからしょうがないが、阪急は鉄道で大きな黒字を出しているじゃないか。便乗身売りだ」とずいぶん批判されたものだが、近鉄は南海よりは阪急寄りのようで、「赤字部門の首切り」なんて書かれている。今さら企業メセナについてどうこう書く気はない。近鉄本社首脳の考えも理解できるし、騒ぐファンの気持ちもわからないではない。

で、「球団の合併」で真っ先に思い浮かんだのが、マリノスとフリューゲルスの合併。今回と同様、フリューゲルスがマリノスに吸収されたかたち。フリューゲルスのサポーターは親会社に直談判に行ったが、流れを止めることはできなかった。まぁここまでは当たり前の話かもしれないが、ここからのエネルギーが凄い。球団を一つ作って、Jリーグの準会員にしてしまったわけだ。自分達で出資して、スポンサーを探して、合併の余波で職にあぶれた選手に声をかけて、協力してくれる経営陣を探し出し、監督まで口説いた。そして今や、立派なJ2の中堅どころ。

もちろん球団運営のために必要な資金、運営の難しさ、2部リーグの存在の有無など、野球とサッカーの違いは百も承知。でも、そこまでのエネルギーが近鉄ファンにあるのだろうか? 「サッカーにできたことなんだから、野球でできないことはない」と一肌脱ごうという近鉄ファンはいるのだろうか? 「合併反対」とボードを掲げることなんか猿でもできる。おそらく球団本社で直談判もやるだろう。ここまでくれば猿にはできない。しかしここまでだろうな。

で、間違いなく猿以下なのがプロレスファンだな(笑)。経営陣としてみたら、かつてIWAジャパンでファンの力(というか圧力?)によって休止宣言を撤回しちゃった実例があるので、「いつの間にかなんとなくなくなっていった」という方法をとらざるを得ないわけだ。そしてファンは「なんとなく最後っぽいなぁ」という感じがしたら、何か行動をおこすわけではなく、「せめて死刑宣告を受けて、すっぱりとあきらめよう」とか、興行が終わっても「1秒でも長くこの場所にいたい」とか、とかくネガティブな行動に走りがちだ(笑)。もちろん私も例に漏れず、なのだが(^^;。

むしろレスラーのほうがずっとポジティブで、「今度はこいつに社長やらせようぜ」みたいな(笑)。で、そのポジティブさがドツボにはまることもあるし、物凄くいい方向にまわりはじめることもある、と。少なくとも「僕らは現場の人間だから、お客さんにいいプレーを魅せるだけ」なんて野球の選手や監督のような発想はない。とにかくしたたかだ。この辺が、メジャースポーツになれない要因のような気もするが(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『大家一起来』

参照元の管理人さんからCDをお借りしまして、聴きましたですよ。件の「幸福快車」はアレですね、Vengaboysの「Shalalalala」と違って、まんまダリアンガールズのエンディングのそれのアレンジ。もうね、脳内で伊藤コーチが「それでは最後にダリアンガールズ、メンバーを紹介しま〜す。はい、レイレイ… ウディ…」なんて紹介しているし、フロントメンバーとダンスメンバーが入れ替わるし、テイテイが投げキスするし、ブンちゃん→キョウ→テツ→シエイ→ショウエイ→ヘイヘイがソロダンス踊るし、キョウのソロダンスのときにブンちゃんとシュンエイとスイカとテイテイがこっち見てるし(爆)、ショウエイが「ヘイヘイ!」と客の視線をヘイヘイに持っていったあと下を向いて笑っているし(笑)。ちょっとヘヴィかも(^^;。半分泣き入っています(恥)。そういうわけで、購入決定(笑)。気に入ったCDは買っちゃう性質なんで…

で、このCD、タイトル曲の「大家一起来」って、ダンレボでおなじみ… というよりも、ここのblog読んでいる人には「坂井澄江のテーマでおなじみの」って書いた方が通りはいいんだろうが(笑)、「Butterfly」のカバーなんだね。「あ〜いやいやい、あ〜いやいやい、あ〜いやいやい、たーちあいーちぃらい」だってさ。まぁ中国で「サムライ」はまずかろうがね… 「in the Navy」が「ピンクレイディー」になるようなもんか(笑)。


参照元のblog

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2004.06.13

「DancingStar」カラオケ

ようやく唄えましたよ、わはは。パセラ万歳(笑)。
pht0613152250.jpg

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.06.12

古場元監督が参院選出馬

今、全日愛知県体大会を観ているんですがね、欠場の武藤を激励に広島東洋カープの元監督の古場竹識氏が来たんですわ。でね、木原アナ曰く「今度の参院選に出馬される」と。古場氏といい、神取といい大変だぁね。

あ、アジアタッグ戦でとうとう「鬼嫁殺し1」がでました(笑)。

じゃ、また。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.06.11

週刊TV時評

まぁ私も読みました。確かにネットで拾える情報を紡ぎ直した部分が半分以上で、残り半分のうちのそのまた半分が事実の確認。でも、ここまで踏み込んだプロレス村のライターははじめてですからね。そういう意味で全然OKですね。そもそもライターって、情報を紡ぎ直して自分の言葉にするのが仕事みたいなものだし(正確には「ライター」ではなく「リライター」か…)。

ただ、唯一にして最大の問題はですね、これを読んだ人の誰も救われないってことですかね(^^;。我々ファンもそうだし、スタッフももちろんそう。伊藤コーチだっていい顔はしないだろうし。例えば数ヶ月後に日本に逆逆上陸したとしても、「みんなが中国に帰っている間に、『DancingStar』がカラオケに入ったんだよ」とは伝えることができても、この記事は無理だよなぁ(^^;… まぁそういう可能性は少ないだろうから、心配してもしょうがないことなんだけど(爆)。

とりあえず私からも、加油>七瀬氏(笑)。


参照元のblog
参照元のblog

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.06.09

「DancingStar」は本日は歌えません その後

メーカーの配信番号が違えば、曲出しできませんわな(笑)。当然歌詞チェックもできないから、新譜の歌い出し欄も空欄になる、と。パセラ側に非があるとすれば、「歌詞チェックできなかった時点で何らかのアクションがあってもいいのではないか」と。でも、アレだけの新譜が出るわけだから、なかなかそうもうまくいきませんわな。どうせ外注だろうし。

実は私たち(「たち」って何だ(^^;?)は新譜でときどきこういう目にあっているのだが、やはり同じ理由なのかな? 次回にはきちんと直っているので、定期メンテナンスなどで発覚するんだろうが、やはり客からの苦情が一番効果があるんだろうね。今回は苦情を入れてくれたひめのさんと、迅速に対応してくれたパセラに拍手ですね(^^)。

さ、いつ唄いに行こうかな(笑)。日曜の昼は空いていますが(爆)…


参照元のblog

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ご連絡

今月の7日と8日に私にメールをお送りいただいた方がいらっしゃいましたら、お手数ですが再送して下さいますよう、お願いいたします。操作上のトラブルが発生したもので、申し訳ありません。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.06.08

「だって生きてかなくちゃ」

久しぶりに「DancingStar」以外のCDを買った(笑)。通常版と価格差があるとはいえ、初回盤が予約もなしに普通に買えてしまうというのはいかがなものかな。まぁ予約していない者が書くことじゃないけど(^^;。

曲は、後藤の某シングルとイメージが一緒だけど、なんかいいっす。ライブではそれなりに盛り上がるんだろうな。サビの部分では回る香具師もいるんだろう。あぁライブを申し込むのを忘れたことが今になって悔やまれる。あの頃はダリアンガールズでいっぱいいっぱいだったからなぁ… まぁしょうがないか。あの頃はあの頃で楽しかったし(笑)。そういえば、なっちの娘。卒業ライブも、「おかえり」観劇も、SDM2連戦から直行したんだよなぁ… はぁ。少なくともSDMの頃は両立できていたんだけど。いつからバランスが崩れたんだろう(笑)。ま、なっちにはDVD「おかえり」も購入することで罪滅ぼしをしよう(なるかぃ)。

| | Comments (54) | TrackBack (0)

2004.06.07

よしっ!

凱旋興行は成功した模様。とにかくよかった。メンバーには「恭喜」と伝えたい(伝えるすべはないけど(^^;)。


さしあたって、ダリアンガールズ中心というか、ほとんどがダリアンガールズ絡みだったこのblogもお役御免。タイトルは妙に気に入っちゃったんで変えないし、これからも情報があれば感想を交えて伝えていくし、気になる関連blogがあったらトラックバックするけど、ダリアンガールズにとらわれない普通のblog&コラムサイトに戻ります。前身から考えると半年ぶりくらいになるのかな(笑)?

ネタがなくなったわけではなく、ネタを書くタイミングを逸してしまったというのが真相なのだが、それは秘密だ(笑)。

更新頻度はかなり落ちると思うけど、まぁよろしく付き合ってやってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.05

本日は歌えません

行きましたよ>パセラ。ところがお目当ての「DancingStar」はリクエストは受け付けるものの、長時間検索した挙げ句、「本日は歌えません」だとさ。んぁ〜、危惧した通りの展開。

でもまぁ「本日は歌えません」でよかった。「今日は歌えません」だったら、「キョウは歌っていたぞ」と機械に突っ込むこと必定だから(笑)。
pht0605175938.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.03

検索サイト

アクセス解析でリンク元をたどれるのだが、先週から今週にかけて中国の検索サイトから両手の指の数程度のアクセスがあった。検索ワードは「大連少女隊」。もちろん訪問者は簡体字で検索しているのだが、その検索サイトは繁体字も日本の略字も拾ってくるようで、そこにウチのサイトも引っかかったらしい。

この事実が意味することは、いよいよ大連でも公演の宣伝活動が始まったってことなのではないのかな、と。「『大連少女隊』ってなんじゃい?」と疑問に思った大連の人が検索して、間違って日本語サイトを踏んでしまった、みたいな。

なんだか、いよいよって感じ。現地公演、成功して欲しいです(あるいはもう終わったのかも知れないけど(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カバーアルバム

W(ダブルユー)のファーストを聴く。微妙。

「本人達は物まねをしているつもりなんだけど、その意気込みしか伝わってこない、あまり似てないカラオケ」を聴かされている感じ。加護・辻の二人が物まねできるほどオリジナルを聴き込んでいるとも思えないから、プロデューサーがやらせたんだろうな。選曲は見事なんだけど、歌い手もスタッフもプロなんですから。残念!

ただ、無性にオリジナルを聴きたくなるという効果はあったかも(^^;。「恋のインディアン人形」とか「好きよキャプテン」なんかは特に。その点、「狙いうち」はオリジナルを聴くと、無性にカバーが聴きたくなるという(笑)…

それと断っておくけど、「渚の『・・・・・』」であって、「渚の『……』」でもないし、「渚の『‥‥‥』」でもない。「・」は5つ。6つじゃない。元おニャン子ファンなら、そこにダメ出ししないといかんだろ>つんく♂。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.06.02

「Dancing Star」カラオケ

調べてみると、5月の第1回配信になっていました。ただ唄い出しが明記されていないなど、「ホントに配信済み?」という疑問が沸いてもきます。とはいえ曲番号は明記されているので、配信が遅れていることはあっても、配信されないってことはないんじゃないのかな、と。

とにかく一言。さすがパセラ!


参照元のblog

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »