« 4.29 八景島公演(午前の部)レポ | Main | 4.30 八景島結果のみ »

2004.04.30

4.29 八景島公演(午後の部)レポ

写真はこちら

なるべく完結にレポします。

ダリヲタ、ロックアウトされる(笑)。いやぁ門の前にたむろする約10名は、外から見たら凄い絵面だったろうなぁ(笑)。

チラシ配りはシュンエイとウナン。ボードウォーク前ではなんかショーをやっているので、人はそこに集まっている。そこから人を引っ張ってこられればというところだろうか? 結果… 結構な数の家族連れが来てくれたんじゃないのかな? 作戦成功というところだろう。ボードウォークには立て看板も置いてあるしね。なんといっても「入場無料」というのは大きいかも。日光さえ我慢できれば、無料で座れるところというのはそうそうないから。

「狙いうち」…家族連れの男の子にいきなりこれを見せるというのもアレだが(笑)。

テイテイのMC。内容は午前と同じ。


第1試合 ○スイカ(エア・プレン・スピンから?)シエイ×

シエイは今ひとつ調子が乗ってこなかったようで、かなりあっさり。髪留めはいつもの白いふわふわしたものじゃなく、キョウのとお揃いの。多分シエイがいつものを忘れて、キョウが貸したのであろう。なんてことを考えていたら、スイカが勝っていた(笑)。そういえばスイカは休憩を挟んでいるとはいえ2試合連続? しかも連続で責任フォール取ってるし。もしかして屋外好き(笑)?


第2試合 ○ウディ&オウレイレイ(ダイビング・ボディ・プレスから)イショウ&レイレイ×

ウディ以外は初屋外。ところがまぁ、テントマッチのときと変わりないや。イショウなんて使う技が大きなモーションだから屋外で映える映える。オウレイレイもレイレイもウディも見た目にわかりやすい技使うし。途中、解説席の伊藤コーチがイショウ組のセコンドのヘイヘイを呼びつける。ヘイヘイからイショウへ伝言。このあたりから試合展開にシフトチェンジがなされた。偶然なのか必然なのかはわからないけど。
オウレイレイとウディをうつぶせに倒し重ねて、その上からレイレイが座る。イショウが「替わって」というジェスチュア。そ、その展開は… そう、「何でだろう? 何でだろう?」をはじめた。だから、どうしてそのネタに行き着いたのかの方がよっぽど「何でだろう?」だよ(笑)。お客さんの反応がよかったからいいけど。で、イショウ「今日は暑いですね?」。「いいとも」ネタはヲタが率先して反応してあげないと、ということで応えようとしたが、下からオウレイレイとウディが「そうですね」と応えた(そりゃそうだ(^^;)。これでお客さんドッカーン。横で「ダメでしょう!」と怒るテイテイを、イショウとレイレイが強引に座らせる。「ダメでしょう!」といいながらもまんざらでもない表情で座るテイテイ(笑)。意味はないけど、なんか楽しい。
ファイトの方も、オウレイレイのフェイス・バスター、レイレイのヒップ・アタック、ウディのダイビング・ボディ・プレス、イショウの十六文キックが豪快に決まり、十分惹きつけたのではなかろうか? 不謹慎な話かもしれないが、レイレイ・スピンで「おぉっ!」と声が上がったのってはじめてみたよ。ちょっと突っつくだけで、すぐ爆発する雰囲気を作り上げていた。ちょっと贔屓目はいっているかも知れないけど。
いやぁこのカードを第2試合にもってきたのは大正解。いい雰囲気でダンスにつなげられるからね。ダンスチーム6人はこの4人に感謝しないと。

「魅力無限」…そういうわけでやりやすそうだったけど、やっぱり眩しそう。

3人によるMC。内容忘れた(^^;。

「DancingStar」…シュンエイは試合がないため、サポーターもテーピングもはずしていた。なんかそれだけが気になったりして。


メイン ○テツ&キョウ&ショウエイ(雪崩式ブレーン・バスターから)セツレン&ヘイヘイ&ブンハク×

6人とも午前の部で屋外を経験済み。キョウは肘と膝のサポーターをはずしていた。多人数タッグなら、このメンバーではショウエイが知恵袋兼リーダーだな。
やはりネタ満載で、この炎天下に15分以上やっていた。
首四の字の数珠繋ぎというのはテントマッチで2回ほど観たが、ここにセツレン組のセコンドのスイカが乱入。ヒップ・ドロップで数珠繋ぎを壊したが、味方にまで落としたために6人にキャメル・クラッチに決められた。これもテントマッチで観た展開だが、実際に決めているメンバー以外の5人が、あのーあれだ、「魅力無限」の間奏のときにやる体をぐるぐるタイミングをはずしてやる… あぁっ! なんだ、この筆力のなさはっ! 帰宅してから写真をアップするから、それまで妄想して待て>読んでいる人。とにかくそれ(笑)が凄く楽しそうなんだ>6人。観ているこっちまで楽しくなるよ、マジで。
「魅力無限」チームは、トリプルで「レインボー・ブリッジ行くぞ~!」。スイカと違って(スマン>スイカ)、キョウとテツもしっかりとクルス・チン・ロック。3人揃うと圧巻だな(^^)。テツのブリッジは元祖のショウエイのよりも高いし。あぁいかんわ、このトリオかなり気に入った。
ショウエイのビックスモールンのネタは今回はセツレン相手(当然か(^^;)。ショウエイ、2試合目だから疲れちゃったかな?
セツレンがショウエイをキャメル・クラッチにとって、相手コーナーの前まで行って見せ付けると、ヘイブンがやってきて、「魅力無限」でテツやシエイがやっているあの決めポーズで挑発。「魅力無限」チーム危うし(笑)。
ショウエイのローリング・クレイドルからテツのダイアル固めに繋ぐ。まわしたテツのフラフラ加減がいいね。キョウも何か回転系の技を持っていれば、「魅力無限」チームの一つの武器になるんだけどなぁ… ロンダートは自分は回るけど、相手は回らないし…
ヘイブンはかたちの違うコルバタ2連発で、キョウは体重が乗ったドロップ・キックで気を吐く。セツレンもこのメンバーだと妙に楽しそうでイイね。「どうせだったら『狙いうち』チームと『魅力無限』チームで」とも思ったけど、この方がチームバランスいいかも。思わぬ名勝負を発掘した感じ?
フィニッシュのテツ式ブレーン・バスター・ホールド→雪崩式ブレーン・バスターは唐突な気もしたけど、タイムが15分以上と聞いて納得。「楽しい時間は流れるのが早い」ってやつだったんだな。この試合の途中に他のメンバーが「シャララ」のときにすぐリングに向かえるように、私のすぐ後に座りにきて(特にレイレイとオウレイレイは真後ろといっていいくらいの場所)、「こりゃ何を撮っているかバレるなぁ」とか思っていたのだが、途中からそれを忘れさせるくらいに惹きこむものがあったんじゃないかな、と考えるけどいかが?

「シャララ」…素晴らしいのだが、どうしてもいつものポジションだと撮れないんだよなぁ(何がかは秘密。バレバレかもしれないが)。SDMならリングが低いので結構撮れたんだが。なんて愚痴をこぼしてもはじまらないが…

おぉ、女の子がCDを買って行っている。素晴らしい。「大きくなって、このお姉さん達みたいになりたければ、まず大連歌舞団に入りなさい」なんてアドバイスができるわけがない(笑)。
ここに被り物のピーターパン(?)とフック船長(?)がやってきた。素だ、みんな素だ。こういうのを観たときの反応は、世界共通なんだね。つか、反応よすぎ>某メンバー。

そんなわけで、午後の部はかなり満足できたかも。これで通う決心がついた(^^)。
怖いのは自信が過信になっちゃうことなんだけど、今回は伊藤コーチがずっとついているみたいだから、たがが緩んでくる前にビシッと一喝するだろうから大丈夫かな? となると、中止にはできないくらいの小雨というのが一番怖いな。特に公演決行後にぱらついた時。こればかりは天に祈ることくらいしかできん…

|

« 4.29 八景島公演(午前の部)レポ | Main | 4.30 八景島結果のみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/516169

Listed below are links to weblogs that reference 4.29 八景島公演(午後の部)レポ:

« 4.29 八景島公演(午前の部)レポ | Main | 4.30 八景島結果のみ »