« ちょっと待ってね | Main | 4.18 テントマッチ(午後の部) »

2004.04.20

4.18 テントマッチ(午前の部)

誉田駅発9:20の送迎バスに乗るため、出勤よりも早く家を出る私。何かが間違っていないか(^^;? でも10:40のバスだとギリギリだからね~。仕方ないかも。

トリニティ書斎でうだうだしたあとテントまで歩を進める。我々blog三人衆(笑)とあと二人しかきていねぇし(^^;。5人で雑談なんかはじめたりして。「このままでいけば、観客一人にメンバー三人ですねぇ…」確かにそうだ… う~む。

あ、メンバーを乗せたバスが来た。相変わらず横付けしてガード… しねぇじゃん(笑)。縦付けにして、メンバーはこちらを一瞥して、ヲタの所在確認をしている。まぁ入り口から遠いところにいたし、入り待ちヲタのオーラも発していなかっただろうし、実際入り待ちなんかしてねぇし、ドライバーも車移動させるの面倒だろうし。逆に言えば、入り待ちオーラを発しているヲタがいるときは、横付けか。私たち5人はとりあえず違う、と。気をつけよう>他のヲタの皆さん(他人事)。

今回も女性スタッフさんが「どうぞお入りくださ~い」と肉声でアナウンス。まぁ5人しかいないから、そりゃ肉声だわな。入場料金を払おうと並んでいると、中からテイテイがマイクで「お待たせしました。中へお入りください」。いや、もう並んでいるし、あたりに他に人いないし(笑)。狙ってるとしか思えないなぁ>テイテイ。

中に入る5人。すでに向こう正面にはメンバーが待機していて、また確認されているし。こちらに書かれているように、「我々はお邪魔させていただいている」という感覚だね。気の弱い私は知人がいなかったら入るのを躊躇してしてしまうかもしれないような… まぁその辺は気配りができるメンバーもたくさんいるから、大丈夫だけどね。「木戸銭払って、お邪魔させてもらう」か… 何か変だが、まぁいいか。楽しいから。

なんてことを考えていたら、メンバー(レイレイ・オウレイレイ・イショウ・シュンエイだったかな?)と王コーチがセパタクローの羽根と思われるものを、蹴鞠の要領で廻しはじめた。うまいもんだなぁ… イショウと王コーチはサッカーが好きらしく、トラップしてから蹴るなど技術をみせるし、他のメンバーも膝を回しながらオーバー気味の羽根を蹴ったりしている。ヲタの中から二人が日本代表として輪に入るが… 結果は書かないけど、ダメじゃん>日本男児(爆笑)。やっぱり「彼女達の普段の生活の中に、お邪魔させてもらっている」という感覚だね(笑)。

そんなのが開始5分前くらいまで。開始直前に10:40発の送迎バス乗車組が到着。最終的には30人未満くらいかな?

オープニング…なぜかオウレイレイに注目(謎)。なんというか、二日目にしてみんなカンを取り戻したような感じ?

テイテイのMC。キョウは伊藤コーチがいないけど、思わず「紹介します。私たちダリアンガールズの練習をみてもらっている…」。ヲタどもが「伊藤さんいないよ」「いつから吉田さんが練習もみるように…」と突っ込む(片言の日本語に突っ込むなよ(^^;)。テイテイ「ごめんなさい。日本語難しい」。いや「難しい」とかそういう問題じゃないんだけど(^^;。テイテイ「紹介します。レスリングの解説をしていただく吉田さんです」。吉田さんは「解説するわけじゃないんだけどな~」という顔をしながらも、ヲタの「吉田!」の声に「ありがとうございます」と冷静に応える。この人はヲタに対するスタンスが変わらなくて好きだな。


第1試合 ○セツレン&イショウ(コーナー・スプラッシュから)レイレイ&ウディ×

また握手からうやむやのうちに開始。おいおいおいおいおい。
この日のアイディアはセツレン組のダブル攻撃。レイレイをセツレンがカンパーナに決めると、イショウが出てきてカンパーナの振り子運動にあわせて脳天チョップ。長身のイショウが身をかがめてチョップを打つ姿が妙におかしい。ウディはイショウの十六文キックを受け止め、押し倒そうとするがかなわない。レイレイがウディをサポートして押し倒すと、ウディはイショウの片足を持って、片足を踏んづけて縦の股割りだ。イショウ柔らか〜い。さらにウディはイショウにあぐらをかかせて両膝の上から乗ってしまう。イショウ柔らか〜い。
レイレイはカウンターのヒップ・アタックをやっていたし、ウディもフライング・ラリアート(のような首引っかけのような)をやっていた。で、フィニッシュはイショウのダリアン・ドロップからセツレンのコーナー・スプラッシュにつないで。得意技オンパレード。昨日の流れ(創意工夫)からはちょっと離れていたかな。でも、4人の個性がよく出ていたと思う。褒めすぎですか?


「狙いうち」…いつもの。

「魅力無限」…ショウエイ5回連続のバカ笑い。ヲタも「何がおかしいんだよ、ショウエイ」と突っ込みまくる。聞こえてるぞ、多分(^^;。ショウエイは何とか笑いを抑え真面目モードになるが、そのタイミングで本部席のテイテイが「加油! ガンバレ!」ってマイクで喋るから、客席ドッカーン。それを見たショウエイも再びバカ笑い、みたいな。違うんだよぉ。「魅力無限」はそういう曲じゃないんだよぉ(涙)。

「DancingStar」…最後の決めポーズの際に、リング下メンバーもフロントメンバーと同じようなポーズをとる(中央に向かって片手を差し出す)のが今まで。しかし今回はなぜか外側に向かって片手を差し出すメンバーが… しかもその片手の先には私が… セツレン、お前か(笑)?
いやね、どうしてもセツレンのダンスを観ると口元が緩む(なぜかは内緒(^^;)んで、「最前列で観ておいて、それは失礼だろ」と思って、今回はセツレンを意識的に観ないようにしておいたんですよ。目の前で踊っていても、「あぁ何か動いているなぁ」という感じで(これはこれで失礼だが)。何とか笑いをこらえて(これも失礼)、「決めのポーズはあっち(中央方向)を向くから、これで安心。リング上の写真撮らないと」と思っていたら、いきなりこっちを向いて手を差し出すから驚いて驚いて、しばしボー然自失。で、「あ、リング上の写真撮らなくちゃ」とカメラを向けると、ヘイヘイ・ブンちゃん・ショウエイの3人が笑いをこらえているのがわかる。何だ? 私が自分を見失った約1.5秒の間に何が起こったんだ? 謎だ… 誰か教えてくれ…
そもそも決めポーズはセツレンだけがおかしかったのか? この一日の間でダンスがリニューアルされたのか? セツレンしか目に入らなかったので、それもわからんぞ(^^;。


メイン ○シュンエイ&テツ&ブンハク(ブレーン・バスターから)シエイ&ウナン&オウレイレイ×

この試合も握手からうやむや。おいおいおいおいおいおい。
この試合のポイントは同じチームに入ったウナンとシエイでしょう。ウナンのバカバカしい行動にシエイが付き合うかどうか。
いきなりシエイとウナンがブンちゃんをダブルの腕絞り。オウレイレイがシュンエイとテツを挑発。ブンちゃんを中心に、オウレイレイ、シュンエイ、テツが追いかけっこ。そのうち解けてバターになるぞ(^^;。
シエイはテツに首4の字。昨日はここから8人の連鎖反応が見られたが、この日は6人が首4の字の数珠繋ぎ状態。最後は最初にやられ役になったテツが足探り(笑)でオウレイレイの首をロック。結構凄いぞ。レフェリーのテイテイはこの展開の中で、数珠の中央に入っている。ステージマジックのバスケットを思い出したぞ(笑)。マジックなら「この数珠の中にはなにもないことを示したテイテイが外に出て合図を送ると、中からヘイヘイが出てくる」みたいな展開だが、そこまではさすがにできないか(当たり前です(^^;)。
今度はブンちゃんがオウレイレイを足四の字。これをパートナー4人がそれぞれを引っ張って、最後にプッチン、と。何か昔話にこんなのがあったようななかったような…
シュンエイはウナンを吊り天井。シエイとオウレイレイが何とか救出。ブンちゃんとテツも出てきて、両軍入り乱れる。よほど吊り天井が痛かったのか、切れたウナン。奇声を発してみんなの注目を集める。「私の真似をしてください! セクシー!」とセクシーポーズをとる。「真似してください」といわれたシエイ・オウレイレイ・シュンエイ・テツ・ブンちゃんは素直に「セクシー!」真似する。ウナン「キビシーッ!」とイジリーに習ったギャグをポーズ付きで。もちろん5人も「キビシーッ!」と真似する。この時点で冒頭に書いた対決は「○ウナン(バカ勝ち)シエイ×」ですか(笑)? 最後にウナン、前方に回転してバンプをとる。みんなが真似してバンプをとったところで、一人で攻撃をしようという寸法だな。ところが相手チームどころか自軍のシエイとオウレイレイまでもがウナンに付き合わず、5人でストンピングの雨あられ。さらに5人がかりでウナンをキャメル・クラッチして「Yeah!」。やっぱりウナンがキーパーソンか。
で、味方を攻撃していることに気付いてあわてたオウレイレイをテツがボディー・シザースの格好に。当然ダイアル固めの予感。シエイとウナンが救出しようとするが、逆にそれぞれブンちゃんとシュンエイにボディー・シザースにとられる。まさかまさかのトリプルのダイアル固め。ダブルはともかく、トリプルってのは凄いな。
他にもコーナーに昇ろうとしたシエイをシュンエイが後ろから抑えて、そのシュンエイを後ろから… というような、多人数タッグの利点を活かしたアイデア満載。そんな中、やはりシュンエイとシエイの顔合わせはリアル・プロレス。シュンエイはためを要しない、一気に担ぎ上げるカナディアン・バック・ブリーカーで「ダリアンガールズ一の力持ち」ぶりを発揮すれば、スピードの乗ったソバットやエース・クラッシャーで観客に溜息をつかせる。もちろん空中カニばさみも健在。テツ式バック・フリップもブンちゃんのブンハク投げも出たし、オウレイレイのフェイス・クラッシャーもウナンの巻き投げも出た。それでいてハード・バンプを強いる技はシュンエイのブレーン・バスターくらい? しかもそれがフィニッシュでしょ。しかも技の品評会にもなっていなかったし、個人的に好きなシュンエイとシエイの絡みもチラッとみせるし。大満足だなぁ。


メインがこういう流れなら、「シャララ」も安心して観られるな(^^;。あ、キョウポジション(命名:私)からはキョウのソロダンスが死角になるんだな… ぬぬぬ。

最後は例によってジャスミン茶とお菓子を頂く。このお菓子を食べるには、ジャスミン茶がもう一杯欲しいな… 犬と遊ぶシエイは素だ。両手にCDを持ったレイレイがこちらを向く。日に焼けたくないのか、ヲタに近づきたくないのか、セツレンとブンちゃんはマイクロバスの陰に入っている。いやぁ当たり前の話なんだけど、個性はみんなバラバラ。それをまとめ上げているのは何? ヘイヘイ? オウレイレイ姐さん? 吉田さん? 野心? お金… ではないよな、いくらなんでも。なんてことをボケッと考えていました。

|

« ちょっと待ってね | Main | 4.18 テントマッチ(午後の部) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/463748

Listed below are links to weblogs that reference 4.18 テントマッチ(午前の部):

« ちょっと待ってね | Main | 4.18 テントマッチ(午後の部) »