« 4.17 テントマッチ(午前の部) | Main | ちょっと待ってね »

2004.04.18

4.17 テントマッチ(午後の部)

なぜか入りはガードの堅いダリアンガールズ。ドアtoドアにして逃げ出さないようにしているんだろうな…

今度の開場のアナウンスは女性スタッフ。「テイテイのアナウンスはないのか…」と思っていたら、やっぱりあった。例によって大きな声で
「お待たせしました。おなかにお入り下さい!」
「おいおい、『中』に丁寧語の『お』をつけると『お腹』になっちゃうぞ」と入り口に向かいながら突っ込みを入れると、
「お待たせしました。中にお入り下さい!」
もしかして、私たちに盗聴マイクでも仕掛けたのか(笑)?

すでにメンバーは着替え済み。地元の人たちに両手を振っている。実に気さくだ。入りのガードの堅さとは(以下略)。つか、メンバーの「また来たよあいつら」といった視線が痛いんですけど。いや、気のせいかもしれないが、少なくともシュンエイはこちらに視線を投げていた… と思う。

オープニング…手の抜きすぎだって>スイカ&イショウ(^^;。

テイテイのMC。午前の部で伊藤コーチを紹介するときに「解説」と紹介したのに、コーチは全く解説していなかったので、チェックが入ったのだろうが、テイテイはそれを忘れ(?)「解説の伊藤コーチです」。コーチがジェスチャーで「違うよ」と。テイテイ「日本語難しい。ごめんなさい」。事情を知らない観客は「全然。通じているよ」と励ます。テイテイ「ご紹介します。伊藤コーチです」。あ、そういうことね、と。

第1試合 ○シュンエイ&レイレイ(ジャイアント・スイングから)キョウ&スイカ×

シュンエイ「ビラを配りに行って迷子になったそうです」。あ、シュンエイしか覚えていない(^^;…
この試合も握手からなし崩しで始まる。おいおいおい。
シュンエイとスイカはカウンターで体当たり合戦の時に、今まさにぶつかるというタイミングで睨めっこというか、威嚇のし合いというか。それで和んだ観客は、次のカウンターで実際にスイカ・アタックを目の当たりにしてその迫力にビックリするわけだね。なるほど。
レイレイはファーストコンタクトでキョウにドンケツ合戦。痩身化が進んだキョウは相手にならないか? しかしカウンターのヒップ・アタックはスカして、その黄金のお尻にお仕置きだぁ。和む和む。
スイカがシュンエイを足四の字固め。レイレイがスイカを踏みつけカット。キョウがシュンエイを踏みつけカット(?)。上のレイレイとキョウがジャンケン。負けたレイレイがスイカから降りて寝そべる。勝ったキョウがレイレイを足四の字。妙だ。妙だけど面白いじゃねぇか、この野郎。この足四の字の競演、全てシンクロしていて、なかなか考えられたもの。しかしレフェリーは止めるつもりはないようだ(笑)。観客の突っ込みと時を同じくして反則カウントをとるテイテイ(笑)。
そうかと思えば今度は、首四の字がセコンドを交えて8人が繋がった。ここまではリーグ戦以前にも見られた光景。しかし、一番下のスイカがこれをひっくり返して脱出。一人ひとりにヒッププレスを見舞った。さすがにパートナーのキョウにはやらなかったが、自軍のセコンドにはやっていたような気がする(笑)。最後に喰らった相手のセコンドのイショウのリアクションがあまりにもオーバーだったため、間近の我々が「イショウ! イショウー!」と叫びながら爆笑。イショウは照れたのか「いてててて」だって。演技賞もんだ>イショウ。
おなじみのレイレイ・スピンは実はキョウが受けるときが一番きれいなんだよね〜。キョウがフィニッシュまでレイレイの足を放さないから。ちょっとレイレイの足が心配だけどね。でも、こういう雰囲気にはレイレイ・スピンは欠かせないよね。
気のせいかもしれないけど、キョウは調子悪そう。痩せたのもそのためかも。早くよくなれ。つか、気のせいであればいいのだが。
シュンエイ組のセコンドのウナンは暑いのか、ジャンパーをぱたぱたしている。それはいいのだが、チューブトップが見えるっつ〜の。反則だ。そういえば「喜び組」みたいなメイクしているし(笑)。と思っていたら、ジャンパーを脱いでコーナーへ。シュンエイが押さえたスイカにミサイルキック。それも反則だ。デジカメ親父どもはウナンのチューブトップをカメラに収めようと必死(笑)。いや、そんなものオープニングで撮れているじゃないか(爆)。我に返ったら、ゴングが鳴っていた。ジャイアント・スイングからシュンエイが勝ったはず。シュンエイ大喜び。そういやいつ以来だ? 自分で責任フォールをとったの。オウレイレイ姐さんとのシングル以来か。長かったね、おめでとう。飛び跳ねてら。そういうシュンエイ、私は好きです(*^。^*)。
これもシュンエイのパワー・ボムはもちろん、キョウのダブル・リスト・アーム・サルト、レイレイのヒップ・アタックもなかった。それでも15分近くできるわけだし、満足させることもできる、と。よかよか。

「狙いうち」
「魅力無限」…ショウエイ四度バカ笑い(^^;。
「DancingStar」

メイン ○テツ&ショウエイ(雪崩式ブレーン・バスターから)ブンハク&ヘイヘイ×

ヘイヘイ「先日の八景島の先行イベントでたくさんのお客さんに来てもらったのに、CDの告知をしたら半分くらいの人が帰ってしまい、とても悔しい思いをしたそうです」。よしよし。その悔しい思いをバネにして、大きく羽ばたけばいいのだ。決して特定のお客さんに全部売りつけようなんて考えてはいけないよ。そりゃ、多少は手伝うけど。
この試合も握手からうやむやのうちに。おいおいおいおい。
ショウエイは序盤で「一緒に〜」から欽ちゃんジャンプ。つか、すでに欽ちゃんジャンプではなく、ただ飛び跳ねているだけだが(^^;。
ヘイブンは相手二人を重ねて踏みつけ、日本でいうところの「茶摘み」(♪夏も近づく八十八夜、ってやつね)をはじめる。他のアイデアはともかく、こればかりは意味が判らなかった(笑)。
ショウエイがローリング・クレイドル・ホールドから目が回ってフラフラになりながらテツにタッチ。テツはダイヤル固めから目が回ってフラフラになりながらショウエイにタッチ… できない。目測を誤ったか? フラフラと相手コーナー付近で止まるテツ。ヘイブンはショウエイを捕まえ、「テツ!」と呼びつけ、ショウエイをテツの方へハンマー・スルー。テツが振り向くと自分に向かってくる人影。思わず、テツ式バック・フリップを決める。しかし相手はパートナーのショウエイ。「あぁ、やっちゃったぁ」と頭を抱えるテツ。くそ、面白ぇや(^^)。こんなベタなネタで笑うとは… そういえば向こう正面で観戦していた(サクラも兼ねて(^^;)メンバーも楽しそうだったなぁ。特にシエイはリング上の顔とかけ離れた、素の祝子惠だったね。美人さんじゃなく、可愛いねぇ(^^)。
最後はテツ式ブレーン・バスター・ホールドがブンちゃんにカットされたので、雪崩式で。本日唯一といっていい、危険技。ヘイヘイ苦しそう。しかし「シャララ」は待ってはくれない。世界一過酷なマットだ>ダリアンガールズ。それでもヘイヘイはいつものキレのいいダンスをみせてくれたけどね。凄いぞ>ヘイヘイ。

テントの外でまたジャスミン茶とお菓子を頂く。キョウが出てきたけど、この炎天下にサウナスーツみたいな出で立ち。そんなもの着込んでりゃ痩せもするけど、もしかして風邪でもひいたか? こじらせないようにね。

そういうわけで、とにかく午前の部も午後の部も満足度がこれまで以上に高かった。もっとも久しぶりだったからかもしれないので、キョウも行く気になっているのであった(笑)。つか、早く寝ろ>俺。

|

« 4.17 テントマッチ(午前の部) | Main | ちょっと待ってね »

Comments

気合は入っていません。覚えているものを文章にしただけです。もし気合が入っているように思えるたなら、私が普段、いかに内容を覚えていないかということなんでしょう(笑)。

ダリヲタ以外は… さすがに午前の部は片手以内。午後の部は散策に来た地元の人とかもいましたね。それでもヲタと同数かちょっと多いくらいかな? 祭りといっても、リゾート地が地元の人向けに「つつじが見ごろですよ。おいでませ」ってなもんです。

近くでやるかどうかは、パッケージで買ってくれるイベント屋がいるかどうかというところですね。「それまであるかどうか」というよりも、「帰国するまでに近場のイベントで買ってくれるところがあるかどうか」ですね。とにかく「プロレス団体」という固定概念ははずして考えることです。

Posted by: ric | 2004.04.19 at 16:15

気合いの入ったレポート、楽しませて貰いました。
ひとつ気になるのは、ダリヲタ以外はどれくらい観客が来られていたんでしょうか?
つーか、どうもお祭りの一環みたいですが。

も、ちょっと近くでやる+さくらが歩けるようになったら、また見に行きたいんですがね。
それまで、あるかどうか?(苦笑)
GWは、ドームとBYWを狙っていたけど、皆、キャンセルですわ(泣)

Posted by: 猪信 | 2004.04.18 at 11:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/455992

Listed below are links to weblogs that reference 4.17 テントマッチ(午後の部):

« 4.17 テントマッチ(午前の部) | Main | ちょっと待ってね »