« 正直な話 | Main | 八景島イベント鑑賞記(16時の部) »

2004.04.12

八景島イベント鑑賞記(13時の部)

開演45分前くらいに到着。地図でみると島の一番奥なのでめちゃくちゃ遠く思えるのだが、島自体が小さいみたいで、迷いながらもすぐにそれらしきところに出た。「おぉ立て看板が出ているわぃ」「立て看なのにゲバ文字(わからない人は若いころ闘士だったお父さんに聞いてみよう)でないのはこれいかに?」とか思っていたら、後ろから聞いたような声が… のゎ、伊藤コーチじゃないか! そそくさと退散(笑)。コーチの後ろにはヘイヘイ・ブンハク・シエイ・ショウエイ。おぉみんな元気そうだ。一安心とはこのことだぁね。

で、会場は… ん? こ、これが会場? 遊歩道にお立ち台を置いて、後に控え室代わりのテントだけ。観客は緩やかな階段に座る感じ。LaQuaみたいなものを考えていた私がバカだった。ノリはすでに演歌歌手だな。スタッフは手馴れたもんだけど… まぁそれでも開演直前には「何かやるみたいだよ」という感じで結構な数のお客さんが立ち止まっている。

MCはダン・エンタープライズの偉い方。いきなり「狙いうち」なんだけど… 3人のテンション低くないか? いや、というか身体の切れが悪い? ん〜、長い休みは何やっていたんだろう? つか、やっぱタレントは人に長らく観られないとダメなのかね? ブンちゃんの笑顔に騙されそうになったが、なんかそう感じた。まぁSDMからここだから、テンション上げろといってもアレだよね(とフォローしてみる)。

ノンストップで「魅力無限」へ。さっき確認できなかったキョウとテツを見て本当に安心。キョウは妙に顔が赤いけど日に焼けた? テツの精かんな顔立ちは変わらず、ショウエイは… 何、バカ笑いしているんだ? 笑いを抑えようとしているんだけど、それが思い出し笑いのような感じになって、かえって妙。なぜだ、気になる。
1.我々に対し「ダリヲタはこんなところまで来るのかよ!」という嘲笑。2.笑っておけば客の視線は顔にいくはずで、顔以外は見せたくなかった(謎)。3.笑い茸を食べていた。4.このドサ廻りの空間に自分がいることに対し、笑ってしまった。
ショウエイの笑いが途中キョウにも伝染。だから何がそんなにおかしいんだって?

MCの偉いさんが伊藤コーチを呼ぶ。まぁ当たり障りのないトークが繰り広げられる中、テントの下の方が空いて、シエイと思われる足が見える。客は気付いて「あ〜あ〜」言っているが、中はどうも無頓着。そういえばこの日の日中はえらい暑かった。テントの中は蒸し風呂状態だったのだろう。そんなわけで、トークの中身は覚えていません(笑)。ここで6人がリングコスチュームで登場。あ、「魅力無限」の衣装だと気付かなかったけど、キョウの痩身化は着々と進行中だ。6人の自己紹介は他愛のないもの(言い過ぎ?)。

で、「DancingStar」。リングのないバージョンなんだけど、何しろ狭いから多少の変更を余儀なくされているようだ。舞台から落ちそうになったり、軽くぶつかってしまったりとかなり難儀していたようだった。リハなしだからしょうがないのかもしれないが、リハくらいさせてやれよとスタッフを責めたりして。う〜む、終始テンション低目。

で、問題(?)のCD即売会&握手会だよ。海辺だけに、潮が引くみたいにいなくなる観客。そりゃそうだよな。おそらく「予算いくら」で来ている家族連れがほとんど。そんな人たちに900円出させるのは困難だよ。それでなくてもCDの売れない時代だ。契機付けにダリヲタと伊藤コーチのご親友様達が購入したので、一般の方々も何枚か買ってくれたけど… もっとヲタが集結しないとなぁ… つか、どこ行ったんだよ>他のダリヲタ。と、愚痴ってもしょうがない。

|

« 正直な話 | Main | 八景島イベント鑑賞記(16時の部) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20692/432834

Listed below are links to weblogs that reference 八景島イベント鑑賞記(13時の部):

« 正直な話 | Main | 八景島イベント鑑賞記(16時の部) »